ゴルフ界でたまに話題になる「ドライバーとアイアンでスイングを変えるべきか?」という話です。
結論といたしましては、「変える必要はない」と私は考えます。

ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」には、『ゴルファーは、たった1種類のスイングを習得するだけで良い』と書いてありますので、話はおしまいでございます(笑)。

 

■イマドキのドライバーはシャットに振るべき?

ゴルフ雑誌などは商売の都合上、変わったネタを掲載する必要があるせいか、「スイングを変えるべきか否か?」のような企画をするんでしょうけど、節操がないなーと思ってしまいます。

一般ゴルファーがドツボにハマるかもしれないとか、少しは考えてほしいものです。まあ無理でしょうねw
読者(ゴルファー)が上達してしまったら商売あがったりですから、なんていう穿った見方もしたくなります。。

「お前のところのインドアゴルフは、お客さんがみんな上達してしまったらどうするんだ?」と言われるときついのですが。
雑誌は、理論の決定版を1つ掲載すればそれで終了ですけど、練習は常にやらないと下手になってしまいますから・・・とかいいつつw、

一応、「スイングを変える派」のご意見としては、「21世紀のイマドキのドライバー」は重心距離が長くなっているのでフェースターンが難しい。だから、ドライバーは、シャットなスイングにするべきとおっしゃいます。
でも、スイングを変えていたらキリがないですよねー。5番アイアンよりも9番アイアンの方が重心角が大きいからスイングを変えるとか、いちいちやってられません。

ベン・ホーガンの時代は、「ウッドとアイアンの重心距離が同じだったから1種類のスイングで良かったのだ」とか言いますけど、ホーガンは、ヒッコリーとスチールシャフトの両方を経験しております。両者のクラブはずいぶん仕様が違うと思うんですけど、それでも「1種類のスイングを習得するだけで良い」と言っているんですから、素直に従うべきだと思います。
「スイングを変える派」さんは、ドライバーとアイアンでは、アッパーブローとダウンブローの違いがあるからスイングを変えるべきともおっしゃいます。

その話は、明日以降にさせてください。

*****

スポーツクラブで、ダイエットの目標が未達だと全額返金しますみたいなサービスが流行ってるそうです。

目標値は、最初のカウンセリングで決めるそうなのですが、期間が2ヶ月で、金額がなんと入会金とあわせて35万円!w
返金条件とか色々あるみたいですけど、すごいですねー。

「100切り保証プラン」とかメニューに加えてみようかな(笑)。