maru02_20131217

丸山茂樹プロ、ドライバーショット

昨日の続きです

ドライバーとアイアンでスイングを変えるべきか?という論点の続きです。「クラブごとにスイングを変えていたらキリがない」という話でした。

スイングを変えるべきとおっしゃる方は、「ドライバーはアッパーブローでスイングするのだから変えるべき」という主張をされます。

結論としては、全く変える必要はございません。

アッパーブローのスイングについて、誤解されているかたがたまにいらっしゃいます。アッパーという言葉の感じから、下から上にカチ上げるように振るのがアッパーブローだと認識されているのかと思います。極端な言い方をすると、羽根つきで、下から上に手首のスナップをきかせるようなイメージでしょうか??

トッププロは、ドライバーもアイアンも、ハンドファーストでスイングしております。
ネットで動画のレッスンとかを見ると、たまにレッスンプロも、「ドライバーのインパクトはアッパーなので、ヘッドが手より先行している」とかおっしゃっています。全然違います(笑)。

ハイスピードカメラと動画共有サイドのおかげで、いくらでもトッププロのスイングが見られる我々は幸せです。
ドライバーとアイアンは、インパクトの左腕の角度が異なるだけの話です(インパクトのタイミングが違うだけです)。

ドライバーは、ヘッドの最下点を過ぎて上昇する途中でインパクトしております。左腕が「地面と垂直(鉛直)よりも左(飛球線方向)」に位置しております。

maru02_20131217

 

アイアンは、左腕が地面に垂直(鉛直)のタイミングでインパクトしております。
よく「左腕とシャフトを一直線にしろ」というアドバイスがありますが、これも違います(笑)。

左腕が左肩から地面に垂直に伸びて、左手首がハンドファーストになります。そしてビハインドザボールができていれば、ヘッドは左耳の位置でインパクトするのが正解でございます

maru01_20131217

アイアンショット。この画像だと、左腕とシャフトが一直線になっておりますが(サンプルが悪くて申し訳ございません)、実際のプロのスイングは、ハンドファーストになっております。

 

ドライバーもアイアンも、もちろんフェアウェイウッドも、ハーフダウンからは、手はローテーションするだけです。腰の回転よって左腕が引き込まれるのに従って、素直にハンドファーストでインパクトすれば良いのであります。
単に、ヘッドが上昇軌道の途中でインパクトするのか、あるいは、下降軌道の途中でインパクトするのか、それだけの違いでございます

 

最後にもう一度ベン・ホーガンの言葉で締めさせていただきます。

『ゴルファーは、たった1種類のスイングを習得するだけで良い』

以上でございます。

*****

仕事前の朝に活動することを「エクストリーム出社」というそうです。うちの施設も、早朝から開けたらお客さんが来てくれるだろうか? 朝、お店がやっていないと「やれよボケ」と思いますけど、いざ開けてみると意外と来てくれなさそうな気がしております。人間ってそういものですよね・・・(笑)