shaft02

 

「シャフトを立てる」という話をすると、例によって言葉の定義が曖昧で、言っていることが人によって微妙に異なります。

分類すると以下のようになります。

①シャフトを立てる話をしているにもかかわらず、必ず面倒くさい人が出てきますw

「ゴルフにはシャフトを立てる概念はない」という方が、まずは登場しますw

②「シャフトを立てる」派の中でも、シャフトを立てる場所が錯綜しております。

・テークバックでシャフトを立てる、
・ダウンスイングで、、、
・フォローで、、、に分かれます。

③「シャフトを立てる」という言葉の意味についても見解がわかれます。

・グリップエンドに対してヘッドが上昇する(シャフトが起き上がる)ことを「シャフトを立てる」という(アームローテーションのことです)、
・シャフトが親指方向に起き上がることをいう(要するに、コック・リコックのことです)
・「立てる」とは縦振りのことである(立てると縦がごっちゃになっているような気が・・w)
・とにかく、クラブ(ヘッド)を上方に跳ね上げることを「シャフトを立てる」という。

④スイングプレーンによって意味付けが異なる場合があります。

・超インサイドアウトの人に対するシャフトを立てる話、
・アウトサイドイン用の話。

たいへんめんどくさいですけどww、明日以降、ちゅぶしていきます・・・

*****

先週NTTさんに光ケーブルを敷設してもらったのですが、それだけだとネットにつながらないんですよね。最近は、無線とかLANケーブルを差すだけみたいな環境が多いから、プロバイダーなんていう単語を久しぶりに意識しました。
プロバイダーの登録が完了して、ようやく店からネットにつながるようになりました。設定は実質30秒ぐらいの作業だったんですけどw、どうしたらいいのか全然ピンとこなくて参りました。昔のダイアルアップ(ぴーひゃららら)の頃の記憶を思い出しつつw、なんとかつながってよかったです。
今回は、ビル管理の方が気を利かせてくれて、他の店と同じような環境になるように、まとめて通信業者さんに発注してくれました。でもやっぱ、自分で1つずつ理解しながら契約していかないと、何がなんだか分からなくなっちゃいますね。勉強になりました!