シャフトを立てるとは?④

森田理香子選手

森田理香子選手

「シャフトを立てる」ことについて、どのタイミングで、どのように「シャフトを立てる」のか?、話が錯綜しております。

簡単なところから整理してみます。

■テークバックでシャフトを立てる

テークバックとフォローに関して、シャフトを立てる話をしている方がいらっしゃいます。

テークバックは超簡単で、コックをしましょうという話でおしまいです。

確かにコックを左手で押すようにして入れると、ヘッドがぐわっと上昇します。

「シャフトを立てる」という言い方は、レッスンなどでイメージしやすかもしれませんね。

■フォローでシャフトを立てる

フォローで「シャフトを立てる」という話は、森田理香子プロのフォロースイングのようなイメージかと思います。

あえて言えば、「クラブを跳ね上げるようにリコックしてしましょう」ということなんでしょうけど、特段意識しなくても良いのではないでしょうか?

インサイドインでローテーションしながら、左の壁を作ってスイングすれば、自然と正しいフォローになるかと思います。

インパクト後に左肘が曲がってしまう人に対して、「左肘を伸ばしてリコックするのが正しいスイング」とレッスンしたいのかと思います。

ただ残念ながら、左肘は、伸ばそうと思って伸びるものではなくて、根本原因から直さないと修正できません。

アウトサイドインで、左腕の行き場がなくなって、左肘が曲がるのですから、まずはそこから(アウトサイドイン)の改善が必要となります。

■まとめ

シャフトを立てる話の対象が、かなり絞れてきました。

テークバック、フォロー、コック、リコック、クラブの跳ね上げ等についての検討は終了でございます。あまりにも話が簡単すぎるからです。

縦振りのことを、シャフトを立てる話とごっちゃにしているのも、検討からはずして良いでしょうか?(笑)

超インサイドアウトのような方のスイングでありがちですが、「シャフトを寝かしてはダメで、シャフトを起こして(縦に)振りましょう」と言いたいんでしょうけれども・・

きちんとローテーションしましょうということで、終了ですよね。

明日は、ダウンスイングのローテーションについて話をさせていただきます。