insideout_1224

画像はPRGRサイエンスフィットから引用させていただきました。超インサイドアウトのスイングの方は、シャフトを立てるイメージが有効です。

 

シャフトを立てるというのは、ダウンスイングでローテーションすることを言います(左腕を外転することを言います)。

グリップエンドに対してヘッドの位置が相対的に上昇する(シャフトが起き上がる)ことを意味します。
ダウンスイングでは、ヘッドは(グリップエンドに対して)相対的に上昇しますが、腕全体は下りてくるので、ヘッドの絶対的な軌道は下降軌道を描きます。

シャフトを立てるのが効果的なのは、超インサイドアウトのヘッド軌道の方です。

超インサイドアウトのヘッド軌道というのは、(ゴルファーの誰もが通る道で、ありがちなパターンですが)以下の様な方です。
ゴルフ初心者の頃は、アウトサイドインのスライサーから始まって、それをきらって、ヘッドを背中側に落としてフックで飛ばす自称上級者さんのことです。ダウンスイングでシャフトが寝ております。

シャフトが寝るというのは、ダウンスイングで、左手の甲が上を向いている状態のことをいいます。
超インサイドアウトのヘッド軌道だと、いざというときにチーピンが出たり、ダフったり、なかなかゴルフがまとまりません(クラブに横方向の力が急激に加わるので、フェースローテーションをコントロールしづらいからです)。

シャフトが寝ているのを修正するために、「左手をローテーションして、上を向いた甲を横にしましょう(親指を立てる方向に回転しましょう)」というのが、コーチがよく言う「シャフトを立てる」という意味でございます。

そもそも、ダウンスイングで、ヘッドを背中側に落としている時点でちょっとどうかと思います。。
なぜそのように打つ必要があるかといえば、もちろんテークバックで、手と体が離れているからです。手と体が離れているにもかかわらず、下半身リードで打ちに行くと、手が下りるのが遅くなって、アウトサイドインになってしまうからですよね。それを解消するために、超インサイドアウトのスイングに改造してしまうパターンです。

では、アウトサイドインの人が「シャフトを立てる」とどうなるのかは、明日お話させていただきます。
先に答えをいってしまうと、アウトサイドインだとシャフトを立てられないのですが・・・

*****

 

hogan_1224

「バックスウィングのプレーンは、”ボールの位置を起点として”、肩を越えてせりあがる斜面である」。よくホーガンプレーンの線を、クラブのネックから引いている方がいますが、それは間違いですw 「ボールの位置を起点にする」のが正解でございます。