41LQ47x8luL._AA1077_

グリップ練習器具、「グリップ先生」

 

ゴルフは、グリップに始まりグリップに終わると言われております。

子供の頃に野球をやっていた頃は、特にグリップを教わった記憶はないのですが、おそらく子供は、打ちやすいグリップを自然に覚えてしまうのだと思います。

大人になると、なかなか自然にできるようにはならないので(練習時間も違いますし)、基本といわれる型を覚えるのが上達の早道です。ただ、こんな基本的な事項なんですけど、信じられないことに、グリップには諸説あります。

以前、「4スタンス理論」を元にした仮説をご提示したことがありますが、手先は、繊細で器用な部分なだけに、癖が顕著に現れるのではないかと思われます。

あるいは、一度覚えたグリップをあとから変えると、ものすごく違和感があります。そのため、一度覚えてそのグリップで上達した型こそが「基本中の基本」と考える人が多いのかもしれません。

グリップは、100年ぐらい前に「ハリーバートン」という人が、オーバーラッピンググリップを発明しました。今でもそのグリップが主流です。右手の小指を、左手の人差し指と中指の間に、外側から置くグリップです。

ジュニアの頃にゴルフを始めた人は、手が小さいので、オーバーラッピングの代わりに、インターロッキンググリップをしている人が多いです(右小指を、左人差し指と中指の間に、内側から入れるグリップ)。
ニクラウス、タイガー、石川遼くんなどでおなじみのグリップです。

右手の小指をはずす理由は、右手が悪さをするのを防ぐためという説が有力です。ゴルフは基本的に、体の左サイドで「引く動き」をすると安定するからです。

ゴルフ研究家の佐久間馨さんのご意見としては、「右腕(橈骨)と左腕(尺骨)の回転軸を連結するのが目的」とおっしゃっております。そんな気もしますけど、ちょっと難しくてよく分かりません (^_^;)

****

スクールに、「グリップ先生」という練習器具があります。

初心者さんが使うと、ものすごく違和感を覚えるかもしれませんが、基本に忠実なグリップが「型取り」されておりますので、早めにゴルフのグリップに馴染んていただけるかと思います。

グリップの基本は諸説ありますが、おさえるべきポイントがいくつかございますので、明日以降、それらの話をさせていただきます。