グリップの基本には諸説あって、分類すると以下のようになります。

①ウィーク/スクエア/ストロング
・グリップの円周を時計盤に見立てて、何時の位置に親指がくるのか?という分類(スクエアが12時です)

②フィンガー/パーム
・グリップを指先の方で握るのか?、あるいは、手の平を中心に握るのか?

③ショートサム/ロングサム
左親指を伸ばす、伸ばさない ・・・等々

時代とともに流行があって、10年ぐらい前ですと、ストロング(フック)グリップが流行りました(左指の関節(ナックル)が、上から見て3つぐらい見えるグリップです)。
最近は、昔ほど極端なフックグリップを勧める人を見かけなくなりました。

グリップは、手とクラブの唯一の接点でとても重要ですが、例えば「ストロンググリップが良い」とか、丸暗記するのは、あまりよろしくないです。

世の中、アメリカ人のコーチの話を、何も考えずに受け売りしている人が多いのでw、色々なグリップを自分で試して、納得した上で採用するのが良いかと思います。

ただ、まずは初心者のうちにマスターしておきたいのは、左手の人差し指のみで、グリップ(クラブ)を支えられるようにすることです。
左手のグリップがぐらぐらすると、遠心力に耐えられず、スイング中に自分の意思でクラブを操作するのが難しくなります。

grip_20140113

小指の下の部分で支えるのがポイントです

 

また、ゴルフのグリップは、左小指の先のグリップを余す点に特徴があります。

遠心力で地面の方に行きたがるクラブ(ヘッド)を支えるために必要となります。
「グリップ先生」で、グリップを支える感覚をぜひつかんでください。

 

grip_201401131

右の絵はスクエアグリップ