Square_20140114

ベン・ホーガン『モダンゴルフ』より引用。スクエアグリップの図です。

「スイング理論」の元祖、ベン・ホーガンは、スクエアグリップを推奨しております。

実際には、推奨するなどという生易しいレベルではなくてw、「左手の親指と人差し指が作るV字が、右目を指していないければならない」といった論調です。

『グリップには、おおよそ正しいなどなくて、半分達成したところで、何も達成できていないのと同じ』と語っております。

ただ、厳格な印象のホーガンですが、「スクエアグリップ以外にはありえない」と言っている割には、ご自身は『グリップ調整をして、少しだけウィークグリップにしてみた』とか、お茶目なことをしてたりしますw

もちろん、『この調整は私(ホーガン)だけが特別に有益であって、諸君にとってはスクエアが良い』と、念を押すことを忘れておりません。

グリップは、「4スタンス理論による仮説」でも色々ありましたが、ご自身で最適なグリップを根気よく探していくのが良いかと思います。
例外を許さない雰囲気のホーガンですら、自分は特別扱いしているぐらいですからw

最適なグリップを見つけるためには、基準を用意しておくのががよいと思います。
最初は、ホーガン流のスクエアが良いと思いますが、『グリップ先生』は、少しだけフックグリップ(ストロンググリップ)になっておりますので、それを基準にするのも良いかと思います。

スイングが分からなくなったりしたら、「基準」に戻りながら、自分に合ったグリップを探してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「グリップ先生」が、少しだけフックグリップになっているのは、昔のクラブに比べて、クラブ(ヘッド)の重心位置が右側(飛球線後方)に寄っているからではないかと考えております(ヘッドが大型化したためです)。

人間は、重心を感じることができるので(ウェートレスさんがお盆でコップを運べるのは、重心を管理できるからです)、スクエアの位置も、重心位置によってズレているのではないか?という仮説でございます。

当スクールでは、「グリップ先生」もそうなっておりますが、「ちょいフック」のグリップを基準と考えております。
中級者以上の方も、自己流でゴルフをされていると、意外と正しいグリップをご存知なかったりします。ぜひ、一度、グリップを点検されてみてはいかがでしょうか・・?