CIMG0084

腕は、だらんと自然に下がる位置にセットする。ちょっと背中が丸まっているのはご容赦くださいw

 

ポスチャーについて、腕は、自然に下る位置にセットするのが良いのではないか?という話でした。

昔のプロの画像を見ると、腕を体の方に引き寄せている人が多かったのですが、最近のトッププロは、腕の角度がボールの方に傾いて人がほとんどです。

 

CIMG0086

自然に腕を下げると、左手の手の平が、体の方に回っております。

もう1つ、腕を自然に下ろす点につきまして、正面から見た時の「腕の角度」が論点になります。

ベン・ホーガンは、スクエアグリップを主張しておりましたが、スクエアの場合は、親指が真正面にきます。
(左手の甲が飛球線方向を向きます)

腕の回転角度が、自然にスクエアにならない人にとっては、スクエアグリップは、本来の自然の骨格に対して、意図的に操作をしなければなりません。
体にとっては、ごくわずかかもしれませんがストレスがかかりますので、スイングの再現性が落ちてしまうかもしれません。

ただ、アドレスとインパクトでは、腕や体の形が変わります。たまに「インパクトはアドレスの再現」という話をききますけれど、実際は異なります。
(腰の角度は違うし、ハンドファースになっているので、グリップの位置も腕の角度も変わります)

インパクトで腕の形が変わってしまうのであれば、アドレス時に、自然な状態で腕をセットしても意味がないと思うかもしれませんが、やはり、いったん基準を作っておくのが大切なのだと思います。

腰と肩の角度についても、アドレスでは飛球線に平行に立つことが基本となりますが、インパクト時には、腰は前方に45度程度回っていて、肩もアドレスの時よりも回転している人もおります。

横峯さくらちゃんとか、腰も肩も、思いっきり飛球線方向を向いていたりしますw

sakura01

では、アドレス時に、肩と腰を飛球線に平行しても意味がないのかといえば、そんなことはなくて、インパクトで平行ではなくなるとしても、いったんアドレスの時に毎回同じ基準(飛球線に平行)で立って、インパクト時に同じ回転角度で打つフォームを身に付ければ、再現的なスイングが構築できるかと思います。

腕の位置に関する結論といたしましては、アドレス時に「基準」を設定することが大切なのだと考えております。

基準を決めておかないと、アドレスがおかしいのか、スイングがおかしいのか、切り分けが難しくなるからです。

腕の位置は、ベン・ホーガンのスクエアグリップの角度を基準にするのも良いですが、だらんと下る位置に毎回セットして、腕の回転角度も自然な形を基準にして、スイング作りをされるのが良いかと思います。それが最も体にとって自然だからです。