20140120173350

 

昨日のブログは、アドレスの構え方、特に腕の位置についての話でした。

自然にだらんと下げるのが良いですけれども、「スイング中のクラブの重心軌道が、体の中心付近を通ることが大切」という話をさせていただきました。

スイング中のクラブ(の重心)は、飛球線後方から見ると、直線的な軌跡を描いております。そして、その直線的に動くクラブの重心を、体の中心付近でコントロールすると(クラブの軌道が重心付近を通過すると)、力を入れやすくなります。

逆に言うと、棒立ちで、手首を真っ直ぐに伸ばしたようにクラブを持ったり、あるいは、クラブを体のごく近くに引きつけて構えると、クラブの軌道が、体の中心を外れてしまって、力が入りにくくなります。

***

次に、ポスチャーの正面から見た構えですが、ポイントいたしましては、背骨を右(飛球線後方)にやや傾けることが大切です。

ドライバーショットでは、背骨を右に傾けている人が多いのですが、アイアンになると、意外と右への傾きを意識されていている方が少ないです。
アイアンショットも、右手のグリップを長く(遠く)に握りますので、その長さに合わせて、肩や背骨を右に傾けます。

人間の感覚としては、右手を伸ばした分だけ、逆にバランスをとって、無意識に背骨を「左」に傾けてしまう人が多いように思います。

上半身を左に傾けてしまうと、体の重心が左(飛球線方向)に寄ってしまいますので、テークバックで、頭が左に傾きやすくなります。
いわゆる、ぎったんばっこん、リバースピボットの原因は、背骨が左に傾いているせいもあるのではないかと推測しております。

スタック&チルト(左1軸打法)とかありますけど、頭を動かさないで打てる人にとっては、試してみる価値があるのかもしれませんが、大多数のアマチュアは、スイング中の頭の動きが大きいので、初心者さんには、あまりお勧めできません。

背骨が左に傾いていると、ダウンスイングの軌道がアウトサイドインになりやすいのもデメリットの1つです。回転軸が左に傾いていると、クラブが上から入りやすくなります。
逆に、正しく右に傾ければ、インサイドから振りやすいというメリットもあります。

上半身全体を、右膝から骨盤にかけて、全体的に傾けるのがポイントです。背骨だけを右に曲げるのではありません。

上半身全体を右に傾けることで、手がハンドファーストになる点と、ステイビハインドザボールになることも重要なポイントでございます。

*****

定例の歯石クリーニングに行ってまいりました。今回も虫歯がなくてよかったです。
原宿石川歯科さん、いつもたいへんお世話になっております!
もう5年以上通っているのですが、4スタンス理論の廣戸道場が目の前なんですよね。何かのご縁を感じます。

美人すぎる歯科衛生士さん、スタッフ紹介のページでセンターを張ってますねー。さすがっす!

サービス業は歯が命!w