20140121182248

なんか怖い画像ですみませんw

ゴルフは、ステイビハインドザボールインサイドインスクエアフェースができていれば、なんとかボールを真っ直ぐに飛ばすことができます。

ゴルフスイングは基本的に円運動ですので、コンパスの中心部分を動かさずに(頭を動かさずに)、左右対称の軌道でクラブを振れば(インサイドイン)、ボールは真っ直ぐに打ちだされます。
そして、インパクトで、フェースが飛球線と垂直になれば(スクエアフェース)、ボールが曲がることはありません(理屈の上ではですがw)。

ただ、円運動の中心を動かさずにスイングするのは意外と難しいです
自分ではできてるつもりの方でも、画像で確認すると、たいてい頭が動いております。
(ゴルフは、体全体をかなりのスピードで動かしますので、訓練しないとなかなか習得できないと思います)

佐久間馨さんがおっしゃってますが、回転軸の中心は、厳密にいうと「左鎖骨と胸骨の関節」となります。

腕は、上腕骨から肩甲骨を経由して鎖骨につながっております。そして、鎖骨は、胸骨から始まっております(胸骨は、胸の中心にあるタテの骨です)。

スイング中は、基本的に、左腕をコンパスのように真っ直ぐに伸ばしているのですから、その大元の部分(左胸鎖関節)を動かさなければ、必ず同じ半径の弧を描くことができます。

胸鎖関節と言われても、なんのこっちゃよく分からないと思いますのでw、ほとんど同じ場所にあって、また分かりやすく説明するために、一般的に「ゴルフは頭を動かすな」という格言があるわけです。

頭を動かさないようにするための練習方法としては、
・おでこを壁につけて、左右に軽く素振りをする方法がよくあります。
(おもいっきりやりすぎると、首を痛めますのでお気ををつけ下さいw)

・もう1つの方法としては、100円ショップの手鏡を使います。打席の前に置いていただいて、常に顔が鏡に写っている状態で、素振りや、軽く球を打ってみてください。
頭を動かさないでスイングする感覚がつかめるかと思います。

20140121182248

こっち見んな!w

*****

ようやく看板の工事が完了して、ほっとしました(「ゴルフ3F」と書いてあります)。
高円寺の総武線のホームから南に見えるかと思いますので、もしご覧になられましたら笑ってやってくださいw

20140121165240