不動産さんをまわっていると、なんのツテもない個人客でも意外と相手にしてくれます。

向こうも商売なんで、話を聞くのは当たり前のような気もしますが、住宅用ではなくて、事業用となると話が違ってくるのかなーと。
家賃が20万でも100万でも手間は一緒だし(カネを持ってなさそうな客と話すのは効率が悪いし)、変な客をつけちゃうと、大家さんの手前、今後の業務に支障をきたして面倒だと思うんです。
(住居は、さばく数が多いから、変な客がまざったとしても、多少はあきらめざるをえないような・・)

不動産屋めぐりは、お店が暇そうな日時を選びます。店の中を覗きつつ客が誰もいない時に、さりげなく外の物件情報を見ながら、「何か用ですか?」とか言われたあたりで話を始めるようにしております(気ーつかいすぎw)。

ほんとのところは、週に1・2回ぐらい顔を出して、気軽に会話ができる程度の信頼関係を構築するのがコツらしいです。
すごい人になると、ちょっとしたお団子とか持って行って、一緒にお茶したりするらしいですよ(^^)

事業の概要みたいのを説明して、場所や広さ、家賃等の条件の話をしていると、物件をみつくろってくれます。
30分くらい調べてくれて逆に恐縮しちゃったり、あるいは、ネットに何ヶ月も出てるような物件を、しれっと出してくるような方もいて、なかなか面白いですw

会話の中で、たいてい「集客はどうするんですか?」と聞かれます。
「この兄ちゃん、商売の基本が分かってんのかいな?」ってところなんでしょうか? w
こちらとしては、逆に教えてほしいんですけどー・・

常識的に考えると、ゴルフをする人でお金に余裕がある人にリーチしようと思ったら、新聞の折込チラシが王道なんでしょうかね。
あとは、タウン誌の広告あたりでしょうか?
ポスティングは基本として。

でも、あまり広告とか出したくないんですよねー(これだから素人さんはって感じですけどw)

理想としては、ネットで検索して、思いに共感してくれる方に来て欲しいんです。
(検索したくたって、認知ゼロだったら検索のしようもありませんが)

そうなると、ある程度、立地がよいところにオープンするしかないのかなーと思っております。
通いやすい通勤経路上の人とかにお客さんになってもらった方が、安定的に続けられそうな気がします。

まあ今のところ広告戦略なんていう風に大げさにとらえずに、まずは石川遼くんのコスプレをして、駅前でビラ配りからやってみようと思っております(笑)