big3

 

マスターズの始球式(honorary start)で、今年もビッグ3が元気に顔をそろえました。

アーノルド・パーマーって、84歳なんですね。アメリカ人のなかには、ゴルフというスポーツを、パーマーが作ったと思っている人がいるそうです (^^)

日本のプロ野球で言えば、長嶋みたいな存在なのでしょうか?
テレビが普及し始めた時代の代名詞のような感じなんですかね〜?

ゴルフビッグ3は、プレーだけではなくて言動もすばらしいんですよね。
別に、お笑い芸人に頭を叩かれたりw、私生活を切り売りしたりするのではなくて、スポーツが、お客さんあっての興行だと理解して発言しているなーと。

イチローさんや、日本のプロゴルファーとか、いくら球を打つのが上手だからって、それだけでは子供たちに夢を与えてるとは言えないのではないかと・・
その点、松井秀喜と宮里藍ちゃんは、カメラの向こうのファンの事をいつも考えていて、ほんとにすごいと思います。

始球式のあとのビッグ3の記者会見は、トリオ漫才を見ているような雰囲気でした。
ボケをかますゲーリーに、ニクラウスがつっこんで、じっと黙ってたパーマーが、最後にボケをかぶせてオチを作るみたいな・・w

昨日も、ゲーリーが、昔持ち出し禁止だったグリーンジャケットを、こっそり南アフリカに持ち帰ったところ、マスターズ委員会から電話がかかってきて、それがコレクトコールで電話代がたいへんだったという、(3人の中では定番らしい)ネタwを披露していました。

タイガーとミケルソンが引退して始球式をする日がくるまで、ビッグ3には長生きしてほしいですね。

タイガーと三毛ちゃんは、仲が悪いらしいから、仲良く始球式をする日とか来ないかな・・?(笑)

アダム・スコットさんには、マスターズをあと2勝ぐらいして存在感をましてもらって、60歳を過ぎても超さわやかにユニクロのポロシャツを着てw、2人の仲を取り持っていただきたいものです ^^;

 

140310-dspArea-img