ゴルフ雑誌には、毎週レッスン記事が掲載されております。

よくネタがつきないものだと感心してしまいますが、似たようなレッスン内容を繰り返しているだけのような感じもしますよね。

世の中には、ゴルファーの数だけゴルフ理論がありそうな勢いでございますが、その中において、誰もが同じ内容(見解の相違がみられない「理論」)って、何があるのかと考えております。

有名なところだと、「ステイ・ビハインド・ザ・ボール(Stay behind the ball)」なんていうのはどうでしょうか?
早い話が、「ボールを打つ時には、頭をボールよりも飛球線後方に残したままにしましょう」という格言?です。

これは、ゴルフに限らず、野球のバッターも動画を見るとそうなっていますし、テニスで有名なコーチ(ハリー・ホップマン?)も言っていたので、おそらくどの球技にもあてはまる根本原理なのだと思います。

理由としては、、、
・ボールを打つ瞬間まで頭がつっこみ続けると(泳ぐと)、軸がぶれてしまう(頭って重いというのもあるし、目線もぶれるし)、
・体の中心軸(頭)が、ボールよりも飛球線後方にないと、力が伝わりにくい(効率が悪い)からなんでしょうかねぇ・・?

あと仮説としては、ゴルフスイングは左腕を(左肩を中心に)動かしていると考えておりまして(体の回転軸は背骨(特に首の付け根あたり)にあると思いますが)、スイング中に左腕が最下点に来るタイミングは、「左腕が頭の左側(飛球線前方側)にくる時」なので、地上のボールを打つ打点としてちょうどいいのではないかと思います。

テニスの片手打ちバックハンドなどは、飛球線前方の腕で打っているので、ビハインドザボールで説明がつきますけれど、フォアハンドは、飛球線後方側の腕で打つので、厳密にそうなっているのか、書きながらちょっと不安になってきました・・w

動画を見たら、ちゃんとビハインドザボールになっててよかったですw

http://www.youtube.com/watch?v=gZfhZaMh4_s

doco01 

それから、「頭を動かすな」というような議論をすると、必ず「アニカ・ソレンスタムのルックアップ打法はどうなんだ」という話になります。
動画サイトで確認したところ、確かにルックアップしておりますが、インパクトの瞬間までは、間違いなくビハインドザボールでスイングしていることが分かりました。
http://www.youtube.com/watch?v=pwxI5IynxTE

 

**********

ということで、「ステイ・ビハインド・ザ・ボール」につきましては、異議なしということでよろしいでしょうか?

とはいっても、有名コーチとかいう人でも、動画でレッスンのデモなどを見ると、けっこう頭がボールにかぶっていますw
ビハインドザボールって当たり前と思いつつも、やろうと思うと意外とできなかったりするんですよねー。
(自分のスイングを動画で見ると、できてなくて愕然としちゃったりします・・・w)

当スクールには、動画自動撮影機スイングナビがございますので、正面の動画を見ながら、ビハインドザボールができているかどうか確認しながら練習してください!

 

annila01

annika02

annika03

annika04

 

annika05

annika06