adres0

ポスチャー(posture)というのは「構え」のことで、ゴルフ特有の、かっこつけたw言い方でございます。

基本的にゴルフは、地面の上にあるボールを打ちますので、それ相応の構えが必要となります。
他のスポーツには、ありそうで、あまり見たことがない形ちです。

野球の守備の姿勢に似ていますけれど、どっしり腰を下ろす感じではなくて、イメージとしては、水泳(競泳)の飛び込みのような感じでしょうか(「位置について〜」の飛び込みです)。
太ももの後ろ側に軽く張りがあって、ちょっと前につんのめっているように見える構えです(実際にはバランスがとれているので、つんのめっておりません)。

ゴルフスイングは、ざっくりいうと、下半身が作った回転力を上半身に伝えて、背骨を軸に体を回転させてボールを打ちにいきます。腕は上下に動きますけれど、理想を言えば、背骨に対して垂直に回転運動をすると、最も効率よく、その回転運動をインパクト(クラブからボール)に伝えることができます。

背筋(せすじ、首から尾てい骨?まで)を、なるべく1本の太い棒のように自然に伸ばして、その軸を中心に、くるっと回すのが、ぶれの少ない回転運動となります(もちろん人間の骨は複雑なので一筋縄ではいきませんが・・)。

ちょっとこっぱずかしいのですが、お尻をぷりっとw、突き出す必要があります。この形をゴルフ業界では、「尻の穴が空を向くようなイメージ」というのですが、お分かりになりますでしょうか?(笑)

上半身は、直立している時と同じ姿勢のまま、股関節から体を曲げると、お尻をぷりっとw突き出せます (^_^;)
骨盤を全体的に前に傾けるのがポイントでございます。

***

できているようで、できていないのがポスチャー(構え)です。自己流でゴルフをされている方は、たいへん失礼ですけれども、ほとんどの方が、へっぴり腰になっております(尻の穴が空を向いておりませんw)。

ご自分の構えと、プロの構えを、画像で比べてみてください。
骨盤が前傾しているか、背中が必要以上に曲がっていないか等、よくよく見ると全然違っているはずです。
間違ったポスチャーのまま、いくらボールに当てる練習をしても、土台が間違っておりますので、いつまでたっても上達できません。

大きなお世話かとは存じますが、ぜひご自身のポスチャーを、画像でご確認いただければと思います。
ポスチャーが完璧ならば上級者さんかというと、そうとも限らないのですが、超ウルトラ上級者さんは、間違いなく完璧なポスチャーになっているのがゴルフでございます (^^)