o0270036010425022635

手鏡を見ながら、頭を動かさずにスイングするレッスン (C)TANI MASAKI GOLF ACADEMY

ゴルフスイングやボールの遠投は、下半身から踏み込んでいくと、遠くまで飛ばすことができます。

ただ、ボールの遠投とゴルフスイングには大きな違いがあります。遠投する場合は、手にボールを持っているので、体を移動させながら投げることができますが、ゴルフは、体から離れた場所にボールがあるので、移動できません。

ゴルフスイングは基本的に円運動なので、コンパスと一緒で、軸がずれなければ、同じ円を描くことができます。

「左足から踏み込んで、腰から回して、最後にクラブを振る」のは、遠投もゴルフスイングも同じですが、スイングの軸(簡単にいうと頭、あるいは、首の付け根、マニアックにいうと左胸鎖関節w)が動いてしまうと、スイングが台無しになってしまいます。

すなわち、頭が動かない範囲で、できるだけ体全体を大きく使って(最大限に体重(重心)移動をしながら下半身リードで)クラブを振るのが、ゴルフスイングということになります。

軸がキープできているかどうかを確認するために、手鏡をボールの前に置いて、常に自分の顔を鏡で見ながらスイングするドリルがあります。
このドリルをやっていただくと、軸(頭)を動かさない範囲で、最大限に体重移動をすためには、どのように体を使えば良いのかが分かってきます。

壁に頭をつけて素振りをする方法もありますけど、手鏡を使うとちょっとオシャレな感じがしますので、ぜひご家庭でもお試し下さい。ご家族が、宗教的儀式かと思って心配されるかもしれませんが〜(笑)

****

「頭を動かさない」とう話をすると、アニカ・ソレンスタムのノールック打法とかおっしゃる方がいらっしゃいますけど、まずは、ゴルフの基本中の基本をマスターしてから、派生的な技術に取り組まれることをおすすめいたします。基本をおろそかにするのは、教科書の内容を完全に理解できていないのに、黒木の「大学への数学」に手を出すようなものでございますw
もちろん、アドレスからフィニッシュまで、完全に頭を固定してマン振りしたらケガをしますので、まずはハーフスイングぐらいの振り幅で練習してください。