ryo08_20140525

石川遼選手、ハンドファーストインパクト

入門者さんは、あまり気にする必要はありませんが、上級編になると、ハンドファーストのインパクトという話がでてきます。

手元が、ヘッドよりも飛球線(目標)方向に出た形でインパクトすることを言うのですが、この形は、手だけを目標方向に動かして作るのではありません。

ゴルフスイングの形は、以下のようになっております。
・アドレス時においては、上半身がやや右に傾いている分、手が、左(左太ももの前)に位置しております。
(時計盤に例えると、背骨を軸に、12時(頭)が右、6時(手)が左に傾きます)。
・インパクト時の腰は、アドレスの時よりも左を向いております(左に45度回転しております)。

ハンドファーストのインパクトは、ダウンスイングにおける腰の回転にともなって、おヘソの前にある手元がアドレス時よりも左方向に移動するだけの話です。

腰から腰のスイング(9時−3時)は、腕と体を一体化させて振るのがキモでございます。その形になっているからこそ、ワキに挟んだタオルが落ちないのです。また、両腕の間にボールを挟むドリルの目的はそこにあります。

ハンドファーストは上級編と書きましたが、実は上級テクニックでもなんでもありません。
肩と腰の捻転差をキープしながら、常におヘソの前にグリップを置いてスイングをすれば、超初心者さんでも簡単にできます。

腰から腰のスイングは、腕と体の形を同じにしたまま振るのですから、グリップエンドは常におヘソの前にあるはずです。インパクトでは、腰が左に回転しております。おヘソの位置が左に移っている分、おヘソの前にある手元が、アドレス時よりも目標方向に移動します。

ハーフスイングにおけるトップは、おヘソが右斜め後ろをむいております。グリップエンドも、おヘソの前(体の右斜め後方)にあります。
(腰を回さずに、肩だけのテークバックが完了した状態です。そこから、下半身リードでダウンスイングを始めます)

ダウンスイングは、腕と体の形を変えずに、肩と腰の捻転差をキープしながら、腰を左に45度回します(肩は何もしません)。

腕でクラブを操作しなくても、腰が45度回っている分、おヘソが左斜め前を向いて、その前にあるグリップも左斜め前にきております。その手(グリップ)の位置でインパクトすることが、ハンドファーストなのであります。

スイングが円運動という観点で考えると、手(腕)だけを左に持っていく「なんちゃってハンドファースト」は、例えば、カナヅチで釘を打つときに、手とカナヅチを平行移動させているようなものです。円運動の支点が、手元になっている点も問題ですが(平行移動してしまっては、すでに円運動になっておりませんが)、回転半径が短くなると、ヘッドスピードが遅くなってしまいます。また、シャフトのしなり戻りも使えません。

腕のローテーションやコッキングを使わない範囲で、ハーフスイングを行うとするならば、肩と腰の捻転差をキープしながら、下半身リードでダウンスイングをするだけですから、ハンドファーストは、入門者さんでもすぐにできるようになります。

ダウンスイングは、動きが速いので、体が反射的な反応をしてしまいます。間違った動きを一度身につけてしまうと、脳の命令と筋肉の動きが、インパクト時の音と打感に連動してしまっているため、修正するのがものすごくたいへんです。

本気で、ハンドファーストのインパクトを実現したいとお考えでしたら、小さくてゆっくりとしたスイングで、「腰を回してインパクトするだけで、自動的にハンドファーストになる」ということを、繰り返し練習してください。

逆に、入門者さんは、肩と腰の捻転差をキープしながらダウンスイングを行えば、特段意識するまでもなく、ハンドファーストのインパクトができるようになりますので、プロみたいなかっこいいスイングを習得できると思います。

体を使った「腰から腰のスイング」をマスターされましたら、次は、「腕の動き」に入っていきます。

 

ryo01_20140525

石川遼選手

ryo02_20140525

トップオブスイング

ryo03_20140525

ハーフダウン(手が9時の位置)、腰0度、肩45度

ryo04_20140525

プレインパクト(グリップエンドが最も低い位置にくるタイミング)。腰30度、肩10度ぐらい。肩と腰の捻転差はキープしたまま。

ryo05_20140525

インパクト直前。腰45度。肩0度

ryo06_20140525

インパクトのほんの少し後

ryo07_20140525

腰から腰のスイング(3時の位置)。グリップエンドは常におヘソの前にあります。