ゴルフの理論で見解が一致している内容として、ビハインドザボールインサイドインときたら、次の論点はスクエアフェースでしょうか・・?

あまりにも当たり前すぎてなんですけど、ボールを真っ直ぐに飛ばそうと思ったら、インパクト時にフェースがスクエア(飛球線に対してフェースが垂直)であることが肝心です。
ただ、ものすごいスピードでクラブを振っているゴルフスイングにおいて、最も難しい技術なのかもしれません。
かっちょいい言い方をすればw、ゴルフレッスンのスタートであり、永遠のゴールでもあるといったところでしょうか。

インサイドインの軌道で振れば、一応ボールは真っ直ぐの方向に飛び出しますが、ボール(飛球線)とフェースが直角(スクエア)にあたらないと、飛んでいる間にボールが左右に曲がってしまいます。
世界No.1のタイガーですら、たまにボールが曲がるのですから、0コンマ何秒の世界で、フェースを正しくスクエアにするのは著しく難易度が高いです。
でも、ほぼほぼスクエアにフェースを持ってこれる人間の運動神経って、逆にすごいなーと思いますよね。

フェースをスクエアにする方法って、どうすればいいのだろうか?
・左手の甲をフェースとみたてて、インパクト時にスクエアにするイメージで振るとか、
・右手の手の平をフェースと考えるとか、、、

プロの世界でも、テニスラケットでボールを打って、スクエアの感覚を身体で覚えさせる練習をしてたりするので、なんとか自分なりのイメージを構築していくしかないのかもしれません。

あとは、ゴルフ研究家?の佐久間肇さんが提唱する、左腕の骨の構造を利用する方法なんていうのもあります。

・左腕全体を肩(上腕)から内側に絞って(ドアノブを開ける方向に内転・回内して)、
・上腕の内側へのネジリをキープしたまま左肘から先(前腕)だけを外にねじると(ドアノブを閉める方向に回外すると)、
・肘から先の骨は一定の回転以上、左に回外しないので、
・その回転角度をスクエアな位置としてセットすれば、毎回自動的にスクエアな角度でインパクトできます。

身体に負担がかかりそうな気がするので、気軽にオススメできませんが、初心者の頃に、超軽いドライバーを使っていた頃があって、この打ち方をためしたところ、グリップにブレーキがかかってヘッドも走るので、ものすごい飛距離が出た記憶があります。
ただ肘を壊しそうな気がしたので、年をとってこの打ち方ができなくなるとつらいので、現在は使っておりません・・

スクエアフェースの話になると、そもそもフェースローテーションをするのか?しないのか?という議論になります。
ローテーションを全くしないで打つことはできないと思うので、程度の問題ともいえるかと思いますが、ローテーションの回転軸を誤解している人がけっこう多いので、念のためふれておきます。

よくある誤解としては、
・シャフトを軸にして、フェースをローテーションしていると思ってる人が多いような気がします。
・実際は、グリップエンドとヘッドの重心を結んだ線上(グリップエンドを軽つまんでぶらぶらさせたときの鉛直線上)をクラブは回転しております。

・グリップエンドをつまんで、くるくる回転させてみると、それほど力がいらないと思うのですが、
・シャフト軸を固定して(ネック(シャフトとヘッドのつなぎ目)を軽くつまんで位置を固定して)、クラブを回転させようと思うと、けっこう難しいです。

21世紀におけるイマドキの最新クラブとやらは、重心距離(シャフトとヘッドの重心までの距離)が、昔のクラブに比べて長いので、フェースローテーションがしにくい(逆に、一度フェースを開いてしまうと、スクエアに戻しにくい)と、おっしゃるかたがけっこういるんですけど、
・確かに、シャフト軸周りの慣性モーメントは上がっているので、
・シャフトを軸としたローテーションはしずらくなっておりますが、
・重心軸周り(グリップエンドとヘッド重心を結んだ回転軸)でローテーションすれば、そんなにたいへんとは思えないんですよねー。
(もちろん重心軸周りの慣性モーメントも上あがってるので、昔のクラブよりは回転しにくいですが)

あと、「ライ角が合っていないと、フェースをスクエアにしようとしても、フェースが左右を向いてしまって真っ直ぐに飛ばない」という議論がよくあります。
「大多数のアマチュアは、ライ角がフラットすぎるので(インパクト時にヒールが浮いてしまうので)、アップライトに変えましょう」という話です。

実際そうなんでしょうけど(ヒールが浮いてる人が多いんですけど)、これって「ライ角が体型があっていない」という話よりも、そもそもスイングがおかしいのが原因で、結果としてインパクト時のライ角が合わない状態になっているんじゃないんですかね・・?

事象としては、
ダウンスイングで、アウトサイドインでヘッドが降下してきます。アウトサイドインはトゥーダウンも大きく、またダフりたくないので手元を持ち上げてしまい、その結果としてヒールが浮いているような気がします。。
ヒールが浮くと、ボールはフェースの先っぽに当たって、力負けしてコスリ球になってしまいます。

もしそうなら、逆に、ライ角をフィッティングしたとしても、コスリ球は解消するかもしれませんが、もともとアウトサイドインの軌道なのですから、単純につかまった当たりで、左方向に打ち出されるだけじゃないんですかねー??w
左に行くなら、スイングを矯正すればいいと思うかもしれませんけど、それなら最初から矯正した方が話が早い気がいたします。

すなわち、スクエアフェースでインパクトするためには、ライ角を調整してごまかしてもしょうがなくて、ビハインドザボールでインサイドインでスイングできることがまずは大切だし、話はそれからだって気がするので、よろしくお願いいたしますw