c0146570_9245366

 

ゴルフスイングは、 (1)軸(頭、首の付け根、左胸鎖関節、スイングセンター)を動かさずに、クラブを、(2)スクエアフェースで、(3)インサイドインに振れば、必ずボールは真っ直ぐに飛んでいきます。

これら3つの要素のうちで、

(1)下半身リードを行いながら、捻転差をキープしたまま、スイングセンターを固定してスイングをすることは、最初は難しいですけれども、手鏡を使ったドリルなどをやっていただくと、皆さんできるようになります。

(2)スクエアフェースも(飛球線に対して、クラブフェースを垂直にボールに当てるのも)、難しいですけれども、案外なんとかなるものです。時速約150キロで動くゴルフクラブを、正しい角度に制御できるって、人間の能力はすごいです。

(3)しかし、インサイドインのヘッド軌道で振るのが苦手な方がとても多いです。おそらく90%ぐらいのアマチュアが、アウトサイドインの軌道になっているかと思います。残り9%ぐらいは超インサイドアウトです。

アウトサイドインになってしまう主な原因は、テークバックの時点で、腕と体のコネクションがはずれているからです。その状態で、下半身リードでダウンスイングを始めてしまうと、手が上に置いてきぼりになって、アウトからクラブを降ろさざるをえなくなってしまいます。なおかつ、手で打ちにいく気持ちが強すぎると、ますますクラブがアウト(爪先方向)にでてしまいます。

そうすると、アウトサイドインを防ごうとして、腰の回転を止めてみたり、手打ちになっている方がとても多いです。あるいは、自称上級者さんなどは、ダウンスイングで、クラブを背中の方に落として、超インサイドから振ってらっしゃいます。手を背中の方に落とすということは、左腕を内転させているわけですから(ドアノブを開ける方向に回転させているので)、シャフトが寝てしまいます
シャフトが寝るとダフりやすいです。そういう方は、ボールの位置が、ものすごく右足の方にあったりするのが特徴でございます。

ツアープロの中で、シャフトが寝たスイングをしている人を見たことがありませんが(昔の女子プロには、そこそこいらっしゃったような気もしますが)、レッスンプロの中には、ダフるとみっともないせいかw、ボールを極端に右足の方に置いて、インサイドから振っている方もいますよね(笑)。

レッスンプロは、お手本をお見せするのが仕事ですけど、急にお手本を示す必要にせまられたり、たまたまレディース用のクラブを手にしていたりするし、分かりやすいようにスイングの一部分だけを切り取って見せたりもするので、けっこう緊張いたしますw
緊張すると、余計動きがぎこちなくなって、ますますミスショットの予感が増大するっていうwww

さすがに普通のショットはそれほど心配はないんですけど、「悪い見本」をお見せするときなどは(シャフトを寝かせて打ったりするときなどは)、たまに意図とは異なるショットになることもございますので、あらかじめご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます(何の話をしてんねん、笑)。

すみません。インサイドインの話につきましては、次回以降も続きます m(__)m