ishikawa01_20131120

ゴルフコーチの間で見解の相違がみられないシリーズでございます。ダウンブローです。

陳清波プロが日本に広めた用語で、普通はディセンディングブローと呼ぶそうです。
クラブヘッドが下降軌道をえがく途中でボールにインパクトして、ヘッドの最下点がボールよりも飛球線前方にくる打ち方です。

「アイアンショットは、ダウンブローで打ちましょう」と、コーチが必ずおっしゃいます。
なぜダウンブローで打つのかと質問しても、明確な答は返ってきませんw
「昔からそうしてるとか、アイアンはダウンブローに打つように作られているとか、地面のボールを打つためにはそう打つ方がよいとか・・・」

私も明確な理由は分かっていなくて恐縮なんですけど、、、コーチと同じで、おそらく地面のボールをダフらずに打つためには、ダウンブローにヘッドを入れれば、ライ(地面)の影響を受けにくいし、また、そのように打つようにアイアンも作られているからではないかと考えております。

ishikawa02_20131120

とはいっても、アマチュアでダウンブローに打てる人ってあまり見たことがありません。ハンデ3以下のレベルの人とかだと、当然ちゃんとできているのかと思いますが、あいにくそういう知り合いがいないので、実際にみたことがないんですよね。

ダウンブローに打てていないと思う理由としては、ボールの先(飛球線方向)のターフ(芝生)が削れていないからです。
プロとかと違って、アマチュアは、ヘッドスピードが遅いし、腕(手首)に力が入りすぎていて(完全に手首がリリースされずに)、ボールの先のターフがとれないのかもしれませんが・・

昔のアイアンヘッドは重心が高くて、ダウンブローに打たないとボールが上がらなかったらしいのですが、最近のアイアンは低重心だし、そこそこすくい打ちで、ぽっこん球だとしてもボールが上がってくれます。だから「アイアンはダウンブローに打たなければならない」といった切実な思いはないのかもしれません。

逆にいうと、クラブに助けられてエラーに気が付かずに、いつまでたってもアイアンの飛距離が出ない等の問題が発生しているのかもしれないですね。

ishikawa03_20131120

「すくい打ち」とは別で、よく練習場でみかける打ち方として、ガツンとボールに打ち込むような(大根切りのような)スイングを、ダウンブローと勘違いしている方がいらっしゃいます。

打ち込むという表現が、ちょっと誤解を生んでいるような気がするのですが、打ち込むイメージでスイングすると、どうしても右手でクラブを打ち下ろすようなイメージになってしまうのではないでしょうか?
ダウンブローといっても、ヘッド軌道が鋭角になってしまうと、インパクトが点のようになって打点が安定しないし、打つたびにスピン量も変わってしまって、ショットが安定しなくなります。

では、どうすればダウンブローに打てるかといえば、議論はわかれるとは思いますけれど、
・左腕でスイングするイメージを持つのが良いかと思っています。
・左腕でイングするということは、左肩が支点になりますから、
・ボールをインパクトする地点が、頭の左側(飛球線側の耳ぐらいの位置)になって(ビハインドザボール)、
・ヘッドの最下点が、インパクトのあとの左肩の位置にくるという流れになるのではないかと考えております(左肩がコンパスの針にあたるので、円軌道の最下点は左肩の下になります)。

別に左腕を意識せずに、右腕を中心に振ってもいいと思いますが、ダウンブローに打つための方法として、左腕を中心にスイングすれば、アマチュアでもダウンブローが打ちやすくなるのではなないか?という仮説でございます。

ishikawa04_20131120

あと、ダウンブローに打てない人が安直な練習方法にたよってしまって、いつまでたってもアイアンが打てないというパターンがあります。
「アインアンの練習は、ボールをティーアップして打つと良い」という話がありますが、それってどうなんでしょうか?

ティーアップ派の主張としては、「マットの上に直接ボールを置いてアイアンショットを打つと、ソール(クラブヘッドの底)が人工芝の上をすべるから、本当はダフっているにもかかわらず、ナイスショットが打てたと思いこんでしまう」という意見であります。

人工芝の上をソールが滑っているのか否かをちゃんと見極めるために、「ティーアップしてアイアンショットの練習をしましょう」とおっしゃるんですけど・・・

アイアンが苦手な人のスイングは、たいてい「すくい打ち」になっております。ヘッドの最下点がボールの手前にきていて、アッパーブロー?(アセンディングブロー)の状態で、(ボールを下からハネ上げるようなヘッド軌道で)インパクトしています。
そうなると、ボールの頭(上側)を、フェースの下側(リーディングエッジ)でたたいてしまいますので、ボールが上がらずにチョロってしまうなんていう場面がよく見られます。

超初心者さんだと、地面に直接おいたボールを打てない人が大多数なので、人工芝でソールが滑ろうが滑らなかろうが、うまく打てなくて、練習(ゴルフ)が楽しくありません。
ティーアップすれば「すくい打ち」でもボールが飛んでいきますので、練習場では気持よくナイスショットが打てたりしますが、残念ながらコースでは使い物になりません。
そして「練習場ではうまく打てるのに、コースに来ると打てなくなる」と、いつものセリフをおっしゃるアルゴリズムが発動いたしますw

ボールが上がらないのはつらいです。気持ちはよく分かります。ですが、まずはマットの上に直接ボールを置いた状態で、アイアンショットが打てるようになってから、ティーアップしたボールで練習されたらいかがでしょうか?

練習する順番としては、
・マットに直接おいたボール打つことで、すくい打ちを直して(ボールになんとか当てるようにして)、
・次に、打ち込むような鋭角な軌道になっていたりすると、ボールの手前を打っていたりするので、ダフっているかどうかを確認するために、ティーアップしたボールを打ってみるとかして、
・その次に、ティーよりも飛球線前方のマットをこすっているかどうかを確認する(ダウンブローに打てているかどうかを確認する)といった流れでしょうか?
・最終チェックで、もう一度、マット上のボールを打ってみたりすればなお良いかと思います。

練習するときには、最初はとにかく頭を動かさずに、ハーフショットの練習から始めて、徐々に長いクラブにしたり、振り幅を大きくしたりして、少しずつスキルアップしていくしかないのであります。そんなに簡単にうまくなるようなスポーツだったら、大の大人がこんなにバカみたいに夢中になったりしませんから・・w

練習場で、まともにボールが飛ばないとかなり恥ずかしいんですけど、最初はみんなそうですから、全然恥ずかしいことないっす!
1ヶ月もハーフショットの練習をすれば、きっと光が見えてくると思いますので一緒に頑張りましょう!!!