golf

ゴルフスイング(ボールが飛ぶ方向)には、3つの要素がありあす。

・スイングセンター(≒頭)を動かさずに、
インサイドインのヘッド軌道で、
スクエアフェースでインパクトすれば、ボールは必ず真っ直ぐに飛んでいきます。

そして、
・ヘッド軌道は、インサイドイン、アウトサイドイン、インサイドアウトの3種類に分かれて、
・フェースの向きは、スクエア、オープン、クローズに分かれます。

これらの2つの要素をカケることで、ボールの行方は、3✕3の9種類に決まります

例えば、
・インサイドイン ✕ クローズドフェース であれば、ボールが真っ直ぐに発射されて左に曲がります。
・アウトサイドイン ✕ オープンフェースであれば、ボールが左に発射されて右に曲がります。

ボールが右に曲がることを、スライスまたはフェードといいますけれど、どの球筋のときがフェードなのか(あるいはスライスなのか)等、そろそろゴルフ業界(協会?)で明確にしていただきたいところであります (^_^;)
例えば、インサイドインでボールがストレートに発射されて、オープンフェースで右に曲がる時はフェードなど・・・

アマチュアに一番多い球筋が、アウトサイドインでオープンフェースのスライサーです。また自称上級者さんに多いのは、インサイドアウトでクローズドフェースのフッカーでございます。

昔のゴルフレッスンは、その9種類のボールの行方をみて、ヘッド軌道とフェースの向きを矯正しておりました。最近のレッスンでは、ヘッド軌道もフェースの向きも画像で丸わかりですから、納得感のあるレッスンになっているかと思います。

最新のデジカメは、1000分の1秒の単位で動画を撮ることができますので、ちょっと手間はかかりますが、インパクト時のフェースの動きを、完全に把握することができます。

例えば、スライスでお悩みでしたら、一度、ヘッド軌道とフェース向きがどうなっているのかを、ご確認いただければと思います。原因をはっきりさせることが、上達のための早道でございます。

もしご自身のクラブやフェースの動きにご興味がございましたら、当店でもチェックさせていただきますので、ぜひ体験レッスンにお越しくださいませ m(__)m