image1 (1)

 

ゴルフスイングで、クラブ(ヘッド)が通る軌跡のことをスイングアークといいます。

アーク「Arc」は、「レイダース失われたアーク」や「ノアの方舟(Noah’s Ark)」のアークのことで、「円弧」を表します。ヘッドが通る軌道を正面から見ると、その軌跡が方舟(円弧)のように見えることからそう呼ばれます。

スイングアーク(円弧)が大きなスイングをすることが大切です。基本的にゴルフは左腕を伸ばしてスイングしますが、その回転半径を最大にしたままスイングしましょうという話です。

初心者さんによくありがちですが、体の動きを全然使わずにテークバックをされるかたがいらっしゃいます。左肘を曲げて、手先だけでひょいっとクラブを右肩の方に動かすようなテークバックです。そのような動きだと、小さいスイングになってしまいますので、飛距離が出なくなってしまいます。またベッド軌道もぶれやすくなります。

スイングアークを最大限にするためには、テークバックで、左腕を伸ばしたまま肩を回して(厳密にいうと左肩甲骨を下げて)、飛球線方向(目標方向)とは逆(後ろ)側に、クラブを持っていきます。そして、腰が回りながら、腕のローテーションを行なって(左肘を伸ばしたまま右肘を曲げて)、コックを入れてトップオブスイングが完成します。

***

次にダウンスイングですが、上の記述では、「最大の大きさ(円弧の半径が最大の長さ)のスイングアークを作りましょう」と言っておりますが、ダウンスイングのアークは、テークバックよりも小さくなります。

なぜかというと、ダウンスイングでは、コックを入れたまま(ヘッドが体に近い位置を通りながら)、クラブが降りてくるからです。トップオブスイングの位置からハーフダウンぐらいまでは、コックを入れたままローテーションしながら右肘をのばすと、クラブ全体の慣性モーメントが減少するので(アークが小さくなるので)、ダウンスイングのクラブスピードが速くなります(ヘッドスピードが速くなります)。

ハーフダウンぐらいの位置から、徐々にコック(タメ)がリリースされてインパクトを迎えますが、インパクトの瞬間には手首が伸びて、改めて最大のスイングアークに戻るわけです。

飛ばし屋のスイングアークを見ると、テークバックとダウンスイングの軌道の差がとても大きいです(ダウンのアークが小さくなっております)。(一部の言い方だと、その軌道の差を表す領域のことをバナナゾーンと呼びます)

***

スイングアークの話は2つに分かれます。

超初心者さんは、たいてい小さいスイングをされている方が多いので(スイングアークが小さいので)、まずは、体全体を使ってテークバック(スイングアーク)を大きくしましょうという話が1つ。

もう1つは、中級者さんに対してですが、ダウンスイングのアークを小さくしましょう(バナナゾーンを大きくしましょう)という話です。

これら2つの話をごっちゃにして、間違ったスイングをされてる方がまれにいらっしゃいます。例えば、ダウンスイングにおいても、大きなアークを取ろうとして、コックを早めにリリースしてしてしまう方がおられます。そうではなくて、ダウンのアークは小さいほうが良いのです。といいますか、ダウンスイングでは、左腕を伸ばしたまま右肘を徐々に伸ばして、コックをキープしつつ、下半身リードでスイングすれば、結果として小さなアークになるという順番が大切です。

 

tsukada_arc

塚田プロのバナナゾーン

 

漠然と「スイングアークを大きくしましょう」という話は、超初心者用のレッスンでして、中級者以上の方にとっては、ダウンのアークを小さくすることが肝心です。

また、左腕を伸ばして体全体を使ってスイングを行えば、スイング中の回転半径(の最大値)は、自ずから決まってまいります(腕もクラブの長さも決まっているのだから)。特段スイングアークの大きさを意識する必要はありません。

正しいスイングを行えば、アークの最大値が一意に確定しますので、アークを大きくしようとか小さくしようとか、それを目的にするのではなくて、正しいスイングを行なった結果として、適切なアークになるという考え方が重要なのであります。スイングアークは、結果を確認するためのチェック項目とお考えいただければと思います。