MG_2_2_1

前回までの話で、フルショットが完成となりますので、箇条書きでまとめてみます・・・

・スイング中は、頭を動かさずにインサイドインスクエアフェースでインパクトすれば、ボールは真っ直ぐに飛んでいきます。

体全体を使い下半身リード肩と腰の捻転差をキープしながらスイングすることで、最大限の飛距離が実現します。

・腕が、腰から腰の間にある時は、手元は常におヘソの前にあるのが理想的です(腕が作る三角形を維持します)。ハンドファーストのインパクトを実現できます。

・腕は、ローテーションコックを入れることで、重心距離があるゴルフクラブの特性を最大限に活用できます(飛距離が出ます)。

・インサイドインのヘッド軌道はクラブのライ角に依存し、飛球線後方から見て、クラブの重心が直線的な軌跡を描きます。

スイングテンポやリズムは、各個人別・番手別に固有なものであり、また同じ番手であれば振り幅が異なってもテンポが同じになります。

・テークバックは大きなスイングアークを作り、ダウンスイングは小さなスイングアークを作ります(そうすると飛距離がでます)。

***

フルショットが完成した後は応用編ということで、ラウンドに向けた実践的なレッスンが必要となります。

初ラウンドを目指すゴルファーにとっては、「30ヤードぐらいしか飛ばないチョロ」を打たないことが大切です。チョロが続くと、グリーンに辿り着くまでに10打ぐらいかかってしまいますし、精神的にもかなりこたえます。まずは、つまらないとは思いますが、上記の基本練習を繰り返してフルショットをマスターしてください。

***

ある程度安定してフルショットが打てるようになりましたら、次はいよいよコースを目指す時期となります。グリーンまでの距離が、残り100ヤードより短くなってなると、フルショットが打てず、振り幅を調整したコントロールショット(アプローチショット)が必要になってきます。

コントロールショットは、通常一番短いクラブ(サンドウェッジ)を使って、スイングの大きさを変えて距離感を出します。よくありがちな方法として、イメージクロックを使うレッスンがあります。

イメージクロックとは、クラブの振り幅を、時計の文字盤に見立てて距離感を調整する方法です。自分が時計の中に入っているように考えて、正面(つま先方向)から見て、時計の7時から5時まで、あるいは、9時から3時まで振るといった方法です。

例えば、7時−5時でしたら、テークバック(トップオブスイング)では、手の位置を7時ぐらいまでの場所に持っていき(膝くらいの高さ)、フォローは5時の位置で止まるような振り幅に調整します。その振り幅だと何ヤードぐらい飛ぶのかを、たまには広い打ちっぱなし練習場などで確認しておく必要があります。

スイングテンポのところでも話がありましたが、「振り子の等時性」にしたがって、同じ長さのクラブを使い、振り幅が変わったとしても、スイングテンポ(1ショット打つときのトータル時間)を同じにしておくと、ショットが安定いたします。例えば、7時−5時で、わずかな振り幅でしかクラブを動かさなくても、フルショットと同じ時間(テンポ)で振るということです。

ただ、常に同じテンポで振るとイメージが出にくい場合もあり、その場合は、グリップの位置(手でクラブを持つ位置)を、振り幅によって変える方法もあります。7時−5時の時はグリップを短く持って、9時−3時は少し長く持つなどの調整です(振り子の長さが変わってテンポも変わります)。

コントロールショットのレッスンは、イメージクロックをご紹介することまではできるのですが、実際の距離感は、練習で培っていただく必要があります。ゴルフ雑誌等に、よく「距離感は、ゴミをゴミ箱に投げ入れるようなもの」というレッスンがありますけれど、確かにその通りですが、プロは子供のころからゴルフに親しんでいるので、イメージと体の動きが一致しているからそう言えるのだと思います。
しかし、一般の人は、ゴミ入れは子供のころから何万回もやっいてイメージできますけれど、ゴルフには慣れておりませんので、練習で距離感をつかんでいただく必要があります。

あと武井壮さんがおっしゃってますが、頭で考えるイメージと体(筋肉)の動きは、自分の想像よりも誤差が大きいです。例えば、イメージクロックで、8時の位置にテークバックを上げているつもりが、実際には10時まで上がっているなどのケースが多いです。コントロールショットがうまくなるためには(フルショットもそうですが・・)、動画でご自身の動きを確認しながら、イメージと体の動きが一致するように練習してください!