tiger00_1129

タイガー・ウッズ

プロコーチ中井学氏の著書『スイングイメージは直線』からパクったタイトルでございますw(すみません)

ゴルフスイングは円運動をしていますので、正面から見れば、当然振り子のようにクラブが動いておりますが、一応、念のために以下の点を確認させてください。

振り子の動きを、正面ではなくて真横から見れば、上下に直線運動をしております。それと同様に、ゴルフスイングも、飛球線後方から見ると、直線運動をしております。

tiger01_1129

ダウンスイングの軌道のイメージは「青」の軌道??

ダウンスイングで、クラブ(重心)の軌道が直線的な軌跡になれば、クラブはもっとも安定的に動きます。プロのスイングを見ると、重心がほぼほぼ直線的に動いているのが確認できるかと思います。
(振り子の重心も、横から見ると直線運動なのと同様です)

逆にいうと、トップでシャフトクロスしているような場合は、直線的に動かすことが難しくなるので、クロスからレイドオフにスイング改造するプロが増えているのかもしれません(タイガーも石川遼くんも改造しております)。

tiger02_1129

しかしながら、一般的にアマチュアのスイングは直線的に動いておりません。

そもそものイメージとして、直線運動をしている感覚を持たれていないのではないかと思います。
スイングは円運動で、地球の重力にクラブが引っ張られますから、ダウンスイングは、なんとなく「背中からお尻の方にかけて、軌道が丸くなっているようなイメージ」をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、アマチュアのクラブの動きはそれとは逆で、背中側ではなくて、お腹側が丸くなっている軌道の方が多いのですが・・
いわゆる、アウトサイドインの軌道でございます。

tiger04_1129

大人になってから始めるスポーツは、子供の頃と違って、頭の中のイメージと実際の動きにギャップが生じてしまいます。脳の柔軟性も落ちているでしょうし、そもそも大人は、学生と違って、練習時間をとれませんもんね。

筋肉に間違った動きを記憶してしまうと、(大人は)なかなか治すことができません。「体で覚える」とか、「マッスルメモリー」と呼ばれる状況です。

tiger05_1129

ダウンスイングにおけるクラブヘッド(厳密には重心)の理想的な軌道は、背中側からインサイドアウトに振るのではなくて、もちろんアウトサイドインでもなく、直線軌道です。
直線的なスイングを作ろうとお思いのかたは、(面倒くさいかと思いますけれど)ショットを画像(動画)で確認しながら、小さなスイングから徐々に作っていきましょー!

***************

 

tiger00_1129

tiger02_1129

tiger03_1129

tiger04_1129

tiger05_1129