7番アイアンでフルショットした際のインパクト時のライ角は約55度になります。遠心力と重力で、シャフトが実際のライ角(約62度)よりも地面方向にかなり曲がるためです(トゥダウン)。

大多数のアマチュアのかたは、インパクトでライ角が60度ぐらいになってしまいます。

手で打ちにいってしまうために、手首のコックが早く解放され、腕とシャフトが一直線になってしまいます(アーリーリリース、ハンドアップ)。

インパクトで手の位置が上にあがってしまう対策として、ボールの前に障害物を置く練習器具がございます(シンプルマスター オンプレーン

かなり打ちにくくなりますけど、負荷をかけて練習すると上達スピードがあがりますので、ぜひ試してみてください。

この棒をたたいてしまっても、磁石で台とくっついているため、自動的にはずれますのでご安心ください〜 (^^)