ゴルフスイングの難所の1つに、ダウンスイングのときの手の動きがございます。

たいていのアマチュアのかたは、トップからいきなり、手がボール方向(爪先方向)に動いてしまいます。

特に右肘を伸ばしながら、かつ、手首のコックをキープしておくのが難しいところですが、フラフープを両手で持って、トップからインパクトまでを何往復もしていると、腕の使い方が分かってくると思います。

体験レッスンで来られたかたが、壁に立てかけてあるフラフープを見て、よく不思議そうな顔をしてらっしゃいますけど、手の動きの確認に使う練習器具でございます〜 (^^)