超柔らかいシャフトでできた練習用のアイアンがございます(ロジャーキング)。

ゴルフスイングは、全身をムチのように使って、シャフトのしなりを感じながら振れるかどうかが課題となります。

トルネードスティックでシャフトのしなりのイメージをつくって、そのあとロジャーキングで実際にボールを打つと、だんだんシャフトの使い方がわかってくると思います。

手打ちでアーリーリリースのかたが、超柔らかいシャフトのクラブで打つと、トゥダウンが大きくなってダフリまくるか、超ハンドアップになってしまうか、手が左に行き過ぎてフェースがスクエアに戻らずシャンクするか、フェースのトゥ側でインパクトしてしまいます〜 (^^)

手元をしっかりさげてインパクトできるように練習していきましょう〜