ベン・ホーガン

ベン・ホーガン

 

概要/結論

体重移動をするのか、しないのか?、ゴルフにおける永遠のテーマですw

結論としては、「体重は移動される」だと考えております。
言葉遊びみたいで恐縮ですけれども、ダウンスイングからフォローにかけて、

・左腰の引き込みによる骨盤の回転で、
・体の重心が飛球線方向に移動します、
・それにより、体重が受動的に移動されるのだと解釈しております。

(最近よく聞く話で、特段オリジナリティはございません)

トップから腰を飛球線方向に平行移動している(靴幅の半分ぐらい?)

トップから腰を飛球線方向に平行移動している(靴幅の半分ぐらい?)

 

体重移動の論点整理

体重移動について、なぜ議論が分かれるかというと、スイング中に、
・その場でくるっと回るように動いた方が振りやすい人と、
・体をゆさぶった方が振りやすい人に分かれるからではないかと考えております。

いわゆる「4スタンス理論」の考え方です。
科学的根拠は全くないんですけどw、、、状況証拠的に、「体重移動について両派閥間で話が噛み合わない」のは、何かしら体に対する感覚が違うとしか思えないんですよねー。

 

足1本分ぐらい動いているでしょうか?

足1本分ぐらい動いているでしょうか?

 

4スタンス理論というのは、「人間の動きが、以下の(2 × 2=4 パターン)に分類される」という考え方です。

①前後の重心:「爪先体重/かかと体重」、
②体の使い方:「直線的に動きたい人(パラレル)/斜めに動きたい人(クロス)」

②の分類のそれぞれの特徴は以下のとおりです。

・(パラレルタイプ)直線的に動きたい人です。テークバックとフォローで、体をぱたっとひっくり返したい、
・(クロスタイプ)斜めにしたい人です。体をゆさぶって、フォローで伸び上がったり(爪先タイプ)/沈み込んだり(かかとタイプ)したいのだそうです。

すなわち、
・パラレルタイプは、その場でくるっと回転したいので、体重移動に否定的になり、
・クロスタイプは、体をゆさぶりたいので、体重移動に肯定的になります。

 

いわゆる「左の壁」でしょうか?

いわゆる「左の壁」でしょうか?

 

4スタンス理論に関する余談①

前に横田真一氏の「4スタンス理論」のセミナーに参加したことがあります。
横田氏が、「4スタンス理論の分類上、スポーツの種目別に得意不得意があるのではないか?」とおっしゃっていました。お嬢さんがバレエを始めたとかで、かかとタイプなので、つま先立ちが苦手で困っているのだそうですw

ゴルフに関する4スタンスの種類別の得手不得手がどうなのかを知りたかったのですが、商売上のご都合なのか、明言されませんでした。例えば「カカト体重でクロスタイプの人は、ゴルフには不向きです」などと言ってしまったら、単純に4分の1のお客さんを、なくしてしまいますもんね(笑)。

日本人は、「カカト体重でクロスタイプ(B2タイプ)」が多いらしいです。有名なB2タイプのプロは、ジャンボ尾崎、丸山茂樹、池田勇太、横峯さくらあたりでしょうか?
しかしながら、最近の日本の若手プロは、爪先タイプが目立ちます。石川遼、松山英樹、宮里藍。
若手ではないけれどw、片山、谷口も爪先タイプです

 

ベン・ホーガン後方から

ベン・ホーガン後方から

 

4スタンス理論に関する余談②

思いつきレベルの仮説を提示させてください。断片的な情報で語っているので説得力は全くございません。

ここ20年弱ぐらいのゴルフ界は、タイガーウッズを中心に回っております。
まるで「タイガーのスイングこそが完璧なお手本」といった風潮です。
(ちなみに、タイガーは、爪先体重/パラレルタイプです)

また、同じような時期に、プロコーチとかいう人たちが湧いてきましたw
本来日本人は、カカト体重/クロスタイプ(ジャンボ尾崎のカチアゲスイング的なタイプ)が多いそうです(横田氏談)。しかし、プロコーチは、「タイガーのスイング(爪先パラレル)こそが理想のスイング」という考えのもとに、レッスン活動をしているのではないかと推察しております・・

バックスイングはシャフトプレーンに沿って上がっています

バックスイングはシャフトプレーンに沿って上がっています

 

爪先体重のタイガーのスイングが、たまたま自分に当てはまった人はラッキーで、そうではない人は、ポテンシャルを発揮できずに、つぶれてしまった人もいるのかなーと。
カカト体重の横峯さくらちゃんは、パパがコーチで我が道をゆくタイプなのが幸いでしたw
藤田寛之も、プロコーチの話なんて全く聞かないですもんね。マルちゃんは、残念ながら、ツアープロコーチのお世話になって体を壊してしまいました(アメリカツアーの環境が厳しいせいも当然あると思いますが)。
(遼くんも松山くんも、頑固そうですけど・・)

まあコーチに手取り足取り教えてもらってるようじゃ、なかなか世界に通用するゴルファーにはなれないですよね。どの世界でもそうですけど、最初のうちはともかく、人の真似をしていて超1流になれるとはとても思えません。

タイガーにだってコーチがいるではないかと思うかもしれませんが、スイングを教えてもらってるというよりは、雑談相手といいますか(多少は触発されたりはするんでしょうけど)、、、しょっちゅうコーチと喧嘩別れしていることからも、コーチを100%信頼しているということはないのかなと。

 

左腕は、いわゆるホーガンプレーンには沿ってないですねw

左腕は、いわゆるホーガンプレーンには沿ってないですねw

 

スタック&チルトで考えると?

最近流行りの(ゴルフマスコミが流行らせようと必死だけど全然盛り上がらないw)、スタック&チルトとかいう理論があります(左一軸理論と、分かりやすく呼ばれることもあります)。

4スタンス理論で、このスタック&チルドを強引に解釈するとw、爪先体重/パラレルタイプに該当します。要するに、タイガーのスイングの亜流じゃんって話だと思うんですけどね・・w
ただ、背骨を左(飛球線方向)に傾けるとか、考え方が極端な方向にも振れていて、タイガーも一時期試していましたけど、左に傾けるなんて、すぐにやめちゃいました。
スタック&チルトとかかっちょいい名称でw、独自の「新理論」とやらを提唱したい気持ちも分かりますけど、歴史的に、体を左に傾けて成功した人は出てきていないので、普通に考えて、ちょっと無理スジだと思いますよね・・

ただ、スタック&チルトで、1つだけ気に入っているメソッドwがあります。
体重移動(重心移動)に関する腰(骨盤)の動きで、「テールボーン・プッシュ」と呼ばれる動きです。

フォローにむけて骨盤を回転する際に、
・左脚の位置は原則固定しながら(左1軸なので)、
・テールボーン(尾てい骨)を、飛球線方向に押し込む(プッシュ)という方法です。

よく腰を回す話になると、骨盤の位置がぶれぶれになってしまう方がいらっしゃいますが、「テールボーン・プッシュ」をイメージすると、
・ダウンスイングで、骨盤を、背骨を中心に反時計回りに回しながら、
・骨盤の中心(尾てい骨)を飛球線方向に動かすことが理解しやすのではないかと思います。

骨盤を、飛球線方向に動かすことによって(動いても、左脚の位置までですが)、
・体の重心位置が飛球線方向に移動して、
・その結果として、体重移動が(受動的に)起きるというのが、体重移動の話の結論でございます。

 

ダウンスイングのプレーン(もっと下から入ってきてもよさそうなものですが(本の説明をしたがうと)、意外とアップライトですね)

ダウンスイングのプレーン(もっと下から入ってきてもよさそうなものですが(本の説明にしたがうと)、意外とアップライトですね)

 

4スタンス理論に、超簡易的な手法ですが、体重移動するかしないか?が分かる方法があります。
ペットボトルの蓋を開ける時に、人差し指をキャップにつけて回す人と、逆に、人差し指を離して回す人に分かれるらしいです。

・人差し指をつける人:体重移動に否定的で、その場でくるっと回転したいタイプだそうです。
・人差し指を離す人:体重移動に肯定的で、体をゆさぶってスイングしたいタイプだそうです。

自分は、人差し指を離すタイプなのですが、人差し指を離していたなんて思っていませんでした。また、「人差し指をつけままの方がキャプを開けやすい」とか、自分比w、ちょっとありえない感覚ですー。

4スタンス理論って、情況証拠的な分析だけではなくて、科学的な論拠とかを説明できればいいんですけどねぇ・・・
「たまたま」とか「先入観があるのでは?」と問われると、明確に回答できないのがきついですよねー

**************

 

ベン・ホーガン

ベン・ホーガン

トップから腰を飛球線方向に平行移動している(靴幅の半分ぐらい?)

トップから腰を飛球線方向に平行移動している(靴幅の半分ぐらい?)

足1本分ぐらい動いているでしょうか?

足1本分ぐらい動いているでしょうか?

いわゆる「左の壁」でしょうか?

いわゆる「左の壁」でしょうか?

 

ベン・ホーガン後方から

ベン・ホーガン後方から

バックスイングはシャフトプレーンに沿って上がっています

バックスイングはシャフトプレーンに沿って上がっています

左腕は、いわゆるホーガンプレーンには沿ってないですねw

左腕は、いわゆるホーガンプレーンには沿ってないですねw

ダウンスイングのプレーン(もっと下から入ってきてもよさそうなものですが(本の説明をしたがうと)、意外とアップライトですね)

ダウンスイングのプレーン(もっと下から入ってきてもよさそうなものですが(本の説明にしたがうと)、意外とアップライトですね)