三角形矯正ゴムチューブ

腰から腰(8時-4時)ぐらいのスイングは、肩と腕で作る三角形をおヘソの前にキープしたままスイングするのが大切です。

手打ちのかたは身体の回転がとまり、手がおヘソの左(飛球線方向)に出てしまいます。

そうなると、手が体を追い越して、腕の行き場がなくなるため、フォローで左肘がひけてしまいます。

腕とクラブの間にゴムチューブをつなげて、ゴムが張った状態をキープしたままハーフスイングをしてみると、身体と腕の一体感がつかめてくると思います〜 (^^)