悪い例です。黄色いボールが腕からはずれています。

 

ハンドアクション(アームローテーション)を習得するための練習器具にインパクトスナップというものがございます。

アマチュアのかたは、アーリーリリースでハンドレートのすくい打ちになっているスイングが多いです。

特にヘッド軌道がアウトサイドインになっていると、ボールが左に飛んでしまうため、それを相殺するような形で、フェースを開くような、本来のローテーションとは逆方向に腕を回旋してしまいます。

アウトサイドインを矯正してインサイドインになりましたら、インパクトスナップで腕の動きを確認してみてください。

インパクト時の腕(手首)は、ただ左にローテーションするだけはなくて、ハンドファーストになっているので、左手首が、手のひら側が曲がっている必要がございます。

中上級者さん向けのドリルではございますが、インパクトスナップの黄色いボールが、右腕に当たるようなスイングを習得してくださいませ〜

こちらのページも参考になさってください。(「正しいハンドファーストを体得できる」インパクトスナップ

 

しっかし、台風の日にまとめて画像を撮ったので、ずぼんが雨でしわしわw