ゴルフ界は韓国人選手の活躍が目立ちますが、みなさん同じようなスイングをしていて、ベタ足(右)と、身体を縦に使う(スピンアウトしない)のが特徴でございます。

ゴルフスイングは、外から見ると丸く振っているように見えますけど、身体の動きとしては、あまり円を描くような動きはせず、身体を曲げ伸ばした結果、関節(骨盤や背骨)の構造上、円運動になるといったところでしょうか。

特に肩甲骨と骨盤を縦に使うイメージが必要となります(上下方向に骨が動きます)。

それらの動きをイメージしやすいように、ロープを右サイドと左サイドから交互で引くドリルがございます。

腕を、朝礼の「前え ならえ」のようにして、左右の肩甲骨を背骨から交互に離すようなイメージで、その動きを上下方向に行ないます。

身体を左右に回すのではなくて、身体の内側(体幹)から力を出すようにスイングしてみてください〜

 

 

 

 

こころスイング改造♡第6回は縦回転の練習!! 右左の手を入れ替えてるだけで、骨盤の動きが変わり余計な横の動きが減りました。 自分では器具に合わせ肩を下げているだけなのに、この動きがゴルフでは必要な縦回転。 横回転が強めの私には大切な練習なんですが、今までゴルフでやったことがない動きなのでクラブを持つと意味不明になっちゃいます。 まずは縦回転を頭でイメージしてみることから初めてみます。この習得はかなり時間がかかりそうだ(笑) ビュンビュンやればやるほど股関節が縦に引き上げられる。 人間の体の動きは手に連動することがよく分かります。 頭では理解出来ましたので、ゴルフクラブを持って出来るようになりたいな(^^) #ゴルフ #ゴルフ女子 #golfswing #こころのスイング改造 #第6回 #東京ゴルフスタジオ #森守洋 #レッスン #縦回転 #股関節の動き #肩が勝手にはいる #instagolf #golf #golfgirls

三枝こころさん(@kokoro_golf)がシェアした投稿 –