スイングを正面から見た時に、テークバックとダウンスイングで、クラブ(ヘッドとグリップエンド)の軌跡が異なります。

M-Tracerで確認すると、テークバックは大きな円、ダウンスイングは小さな円になります(通称 バナナゾーン)。

 

アマチュアの場合、テークバックとダウンスイングで、同じような軌跡になってしまうかたが多いです。

まれに「同じ軌跡なのが正しい」と勘違いをされてるかたもいらっしゃいます (^^)

 

テークバックは大きく、ダウンスイングはタメをキープしながら、手が身体の近くを通るようにスイングしてくださいませ。

あと、切り返しの直後に(トップ)、ヘッドがひょいっと上方向にあがってしまうのもアマチュアの皆さんに多い特徴ですので、ダウンスイングの前半は手の力をぬいてくださいね〜 (^^)