上級者と初級者の大きな違いに、ダウンスイング初期で、腕の力を抜けるかどうかという点があります。

野球のボールを投げる場合で考えると、誰でも自然に、投げる直前まで腕の力が抜けていると思います。

ゴルフも同じで、切り返し直後は腕の力をぬく必要があります。

M-Tracerでプロのスイングを真上から見ると、ダウンスイングのヘッド軌道は、丸く投げ縄のようになっております(↑の画像 赤線 真円のような形ち)。

一方、アマチュアの場合、切り返し直後から手で打ちにいき、ヘッドが爪先方向に動いてしまいます(↓ 濃紺の内側を通る楕円軌道)。

 

トップから手で打ちにいくと、アウトサイドインのカット軌道になりやすいです。

飛ばしたい気持ちをおさえるのは難しいとは思いますが、クラブの軌道をよくするために、腕の力を抜いて打つ練習をしてみてください〜 (^^)