taru

概要/結論

ゴルフ界で結論が出ていない話に、「左の壁」という用語があります。
「左サイドの壁が重要」、いやいや、「左の壁なんて必要ない」、それより、「左の壁を突き破れ!」・・(笑)

結論としては、「左の壁を意識するのはあり」だと思っております。

野球のバッティング用語にも、「壁を作る」というのがあります。早い話が「(飛球線方向に)つっこむな」ということですよね?
野球は、タイミングをはずされると、つっこみたくなくても、つっこまされる(泳がされる)ことがあります。ですから、あえて「壁を作る」と主体的な動詞を使っているのだと思います。

ゴルフは、止まっているボールを打つのですから、泳がされる心配は全くございません。しかし、「ボールに向かって圧をかけろ(意味不明w)」という指導があるなど、自分から壁を壊してしまう人までいて、たいへん残念な世の中でございます(笑)。

 

「左の壁」の定義が、2種類あるのではないか?

一応、念のため、言葉の定義をさせてください。
「左の壁」について、微妙に解釈が2つに分かれております。

①自分の体の左横(飛球線方向)に壁が置いてあると仮想して、打つときにその壁を壊さないように、(壁の内側で)スイングしましょう。

②自分の体の左サイドを、壁のように(コンクリートで固めるように)ブロックして、左サイドの動きをストップしましょう。

<壁が置いてある派>

私の解釈は、①の「壁が置いてある派」でございます。
ネットで見たところ、1番わかりやすかったのが、「自分が大きな樽(たる)の中にいることを想像してスイングしましょう」という例えでした。

<自分の左サイドを固める派>

②の「左サイドをガチガチに固める」というのは、以下の様な例があげられます。

・スイング中の左膝は、常に一定の高さにしておくべき(スイング中は、左膝を曲げたまま、常に一定にしておく)。
・ダウンスイング中にできた腰をの角度をキープしてスイングする。 等々

要するに、スイング中にできた回転力を、左サイドを固定することによって、ヘッドを瞬間的に走らせましょうという理屈です。

例えば、ヒモにオモリをつけてぐるぐる回したときに、ヒモの一部をとめると、オモリの動きが速くなる話と同じです。有名どころでは、「ツイスト打法」というのが、左サイド固める派の最高峰でしょうか?w

まとめ

ツイスト打法は、確かに一瞬のヘッドスピードが出るのかと思います。
ただ、なんとなくw、安定感にかける気がするんですよねぇ・・?
プレッシャーがかかっている時とかで、ブロックするタイミングがずれると、ドちーぴんが出てしまいそうな気がします。体(関節)にも悪そうだし・・

「壁があるのを意識する派」は、「左腰で、腕やクラブを引き込む動作」を、スイングの大原則と考えております。
ハーフダウンあたりまで降りてきたクラブを、一気にボディターンで引っ張りこんで、シャフト(グリップエンド)を垂直に回します(手で回すのではなくて、グリップエンドの位置はおヘソの前のままで、腰が回転するとシャフトの方向が90度変わります)。

すなわち、(1)左サイドをブロックして、ヘッドをびよ〜ん走らせるのか?、あるいは、(2)シャフトの向きを急転回してヘッドを走らせるのか?の違いです。

結論としては、(2)の動き「左腰を単純に回す動き」の方が、「タイミングよくブロックすること」よりも、スイングの再現性が高まると思うのですが、いかがでしょうか?
なぜなら、体を止めるタイミングを意識する必要がないし、器用な腕を使わないので、イザというときにも、ショットが不安定になりにくい(と思う)からです。

ただ、ブロック派も、全体の動きの中の一環で、毎回同じタイミングでブロックできるとおっしゃるのかなぁ・・・?