taru

 

「左の壁」をボディスイングに活用する方法

左の壁」を意識するためには、「樽の中でスイングするイメージを持つと良い」という話、かなり気に入りました(笑)。

ただ、厳密にいうと、樽の形って、下の方がしぼられていますが、ゴルフスイングをイメージするとしたら、裾(地面の方)の方まで開いている形が理想的です。

理由は以下の通りです。

・ダウンスイング以降で、「膝が、足(足首より下の部分)よりも体の外側(左側、飛球線方向)に位置している」と、力が逃げてしまうからです。
・膝が足より飛球線方向にズレていると、左足が、クラブを振る遠心力に対抗しにくいという理由もあります。

樽の形のように、左膝や左腰が飛球線方向に出ていると(膨らんでいると)、それは「左の壁」が崩れている状態でございます。

「左の壁」を、コンクリートで固めたような「壁」にしてしまっては、地面の力をボディターンに活用できません。
全く活用できないことはないかもしれませんが、左の膝を伸ばした方が、腰の回転速度が上昇しますので、左足の伸び縮みの力を使わないのはもったいないです。

(もちろん練習しないと、体全体が浮き上がって、最初はトップばかりしてしまうと思いますが・・。やりすぎるとケガのもとですし)

 

まとめ

・ダウンスイングのきっかけとして、左足(左腰)をボール1個か2個分ぐらい左に平行移動して、左足で地面を踏みしめます(頭は動かさず)、
・その反動を使って(地面からの反作用を利用して)、左足で骨盤を後ろに(半時計回りに)回します、
・ダウンのきっかけで平行移動したあとは、骨盤は、後ろ(反時計回り)に回転するだけですので、左膝と左腰は、それ以上、飛球線方向には動きようがありません。
・ただし、平行移動した時に、左膝が、足(足首より下)よりも飛球線方向にズレてしまうと、力が逃げてしまいますので、注意が必要となります。

 

kotsubankaibou

 

余談ですけど、股関節の場所を知らない人って、意外に多いんですよね。ゴルフ番組にタレントのお姉さんがでていて、「股関節から体を曲げましょう」とかコーチに言われた時に、もぞもぞしながら「股関節なんて、いやーん」とか言っていましたw

股関節が股間wにあると思っているんでしょうけれど(あるいは分かっててネタで言っているのかw)、実際は、体(骨盤)の横というか、どちらかという後ろ側にありますのでよろしくお願いしますw