ゴルフクラブは、昔に比べるとかなり軽くなっており、ドライバーで300グラム、アイアンで400グラムぐらいです。

ドライバーが500mlのペットボトルよりも軽いって、なんか変な感じがしますけれど、たしかに持ってみると片手でらくらく持てます。

ただ、けっこうシャフトが長くて(野球のバットよりも長く、1メートルぐらいあります)、しかも先端が重い作りになっており、スイングすると遠心力がすごくて(正確には慣性モーメント?)、手先で振るとスイングが安定しません。

そのため、全身のチカラをつかってスイングする必要があるのですが(神経があまり行き届いていない腰の筋肉等を使ったほうがプレッシャーに強く、スイングの再現性が高くなります)、重いボール(メディシンボール)を持って素振りをすると、身体を使ったスイング(ボディスイング)のイメージがわいてくると思います〜

スイング中、肩と腕と作る三角形がおヘソの前にあります