ゴルフはクラブを手で持っているので、予備知識なしにボールを打とうとすると、どうしても手(腕)だけでぺしぺし打ってしまいがちです。

いわゆる手打ちは、割りとすぐにボールを打てるようになるので、逆に、一度手打ちを覚えてしまうと、身体全身を使ったスイングに移行しにくくなります。

いままで手打ちでそこそこ打てたのに、身体の動かし方が変わると全然当たらなくなってゴルフがつまらなくなり、ボディスイングとかよー分からんといった感じで手打ちに戻ってしまいます。。

悪い癖がついてしまうと、それを取り除くのに、悪癖を身につけたのと同じぐらいの時間がかかってしまったりします。

手でぺしぺし打たないと、最初はうまく打てずにつまらないかもしれませんが、ぜひ、ショルダーターンドリル等を行なってボディスイングを身につけてくださいませ〜 (^^)

手で当てようと思うのではなくて、スイングの型をきちっと身体で覚えてしまえば、ボールは止まっていますので、勝手にボールに当ってしまうようなイメージで練習してみてください。