ゴルフはとまっているボールを打ちますので、野球やテニスを経験されてるかたにとっては簡単なスポーツに感じるかもしれません。

確かに簡単な部分はありますけれど、ゴルフの場合、打率がほぼ10割で、全球バックスクリーンにホームランを打つようなイメージなので、5ミリや1センチ単位の誤差にとても厳しいです。

時速約150キロぐらいのヘッドスピードで直径約4センチのボールを正確に打つためには、軸のブレを最小限におさえる必要があります。

スイングの中心である首のつけねあたりをなるべく動かさないことが重要で、首のすぐ上にある頭が動かないようにスイングできるかどうかが、客観的に動きを判別しやすく、たいせつ基準となります。

頭を動かさないとクチで言うのは簡単ですけど、動画で確認すると、初心者さんは頭1つ分ぐらい余裕でズレてしまいます。

ゴルフ界に大昔から伝わるw、「頭を動かさないようにするためのドリル」がございます。おでこを壁につけて、ハーフスイングぐらいの素振りを繰り返すだけなんですけど、毎日やっていると頭が動かなくなりますので、ぜひためしてみてくださいませ〜 (^^)

ご家族等に見られると、あやしい儀式かなにかに勘違いされかねませんので、お気をつけください 笑