頭を壁につけて素振りをすると、頭(軸が)動きにくくなりスイングが安定します。

それに付加して、背中(回転軸)のブレをおさえるドリルもございます。

アドレスでお尻を椅子の背もたれにあてて、テークバックで右腰が背もたれにあたり、フォローで左腰が背もたれにあたるように素振りをいたします。

初心者さんは、アドレス時の背中の前傾角をキープできずに、腰が伸びてしまうかたが多いです。腰が伸びてしまうと、お尻が背もたれから離れてしまいますので、ぜひチェックしてみてください (^^)