シャフトでゴムティーを叩いたら、次に、棒ドリルを重点的に実施していただきます。

棒ドリルというのは、マットの狙った箇所(ゴムティーの少し手前)を、シャフトで叩きまくるドリルです。

超初心者さんの場合、最初にクラブでボールを打つ練習をしてしまうと、クラブは重いし、ボールをまっすぐに飛ばしたいという思いが強すぎて、フェースを手先でボールに合わせるスイングになりがちです。

その癖がついてしまうと、なかなか治らなくなってしまいますので、まずは軽いシャフトを使って、腕や体の動きを片手ずつ(主に右手の動きを)覚えていくことをお勧めしております。

シャフトでマット(地面)を叩くだけのドリルですけど、意外に難しいし、逆に当てることを目的にしてしまうと、本来の目的である正しい関節の動き等を体で覚えることができなくなります。焦らず、フォームを確認しながら棒ドリルに取り組んでください。

よくあるエラーは以下のとおりです。

・頭や体が上下左右に動く
・超インサイドアウト、超アウトサイドイン
・グリップが爪先方向に回転(ローテーション)してしまう
・手首が手のひら側折れる、アーリーリリース、すくい打ち
・右手のひらを、ボールに対してまっすぐ(スクエア)にしようとしすぎる
(まっすぐにしすぎてはいけない理由は、クラブの重心はシャフトとずれている。クラブは両手で持っていてそれぞれ別の動きをしている。クラブ全体の重心を支点にグリップとヘッドは反対に動くから等)
・フォローで手(手)が目標方向に流れる

 

「棒」や「シャフト」と呼んでおりますが、正確には「イメージシャフト」という製品でございます。

<imageshaft HP>
http://imageshaft.com/kaisetsu.html

イメージシャフトの使用方法は、公式サイトをご参照ください。