自己流のかたのスイングの特徴は、切り返し直後から手に(腕に)力が入りすぎて、クラブが前(爪先方向)に出て、アウトサイドインの軌道で、かつ、手首がコックが早めにリリースされてしまいがちです(アーリーリリース)。手首が伸びるとダフってしまうので、腰を伸ばして高さを調整しております(おそらくほとんど無意識に)。

最初にそういうスイングを体で覚えてしまうと、あとから治すのはものすごくたいへんです。1ショットずつ、手首の動きや腰が伸び上がっていないかどうかを動画で確認してください。

棒ドリルとスナッグゴルフで、じっくりフォームを固めていけば、超アウトサイドインのスイングにはならないと思いますが、超初心者さんのころに、「ボールをぶったたいて飛ばしてやろう」などと思ってしまうと、どうしても手首が伸びてアーリーリリースになってしまいます。

ちょっとつまらないですけど、飛ばしはしばらく我慢してください。7番で100ヤードも飛べば、初ラウンドとしては十分な飛距離でございます。
(ジュニアや初ラウンドまでに時間がある場合には、あまり細かいことを気にしないで、全身を使ってヘッドスピードを上げる練習も有効です)

右手の手のひらで、ボールの横っつらをヘッドでひっぱたくイメージではなくて、ダウンスイングは、グリップ(右手の小指)の方から空手チョップをするようなイメージでクラブをおろしてきて(ヘッドは背中の方から遅れて降りてくるイメージで)、右手の手のひらでボールを運ぶようにスイングしてくださいませ~