ゴルフクラブを持ってスイングした時に感じる違和感は、シャフトの延長線上でボールを打たないことにあるかと思います。

野球やテニスは、シャフト軸線上に芯がありますが、ゴルフは、クラブヘッドがヘラのように飛び出しているので、野球経験者さんとかが初めてゴルフをすると、ファールチップをしているような感覚になるようです(すぐに慣れると思いますが・・)。

アイスホッケーのスティックも、ゴルフクラブのようにヘラのような形状になっておりますが、ゴルフがホッケーと違うのは、ヘッドの重心がシャフト軸線上にはなく、自分から見て右側(後ろ側)にズレていることも、ゴルフが難しい原因の1つでございます。

クラブヘッドが右側(後ろ側)にでっぱっており、重心が右にずれているぶん、左手を右に回して握るのが基本的なグリップの形ちとなります。左手の親指と人差し指の間の線が右肩を向くようにクラブを握ります。

グリップの分類は、話が2つにわかれます。

1つは、右手と左手の絡め方。特に、右手の小指を左手とどのように重ねるのかという話です。

2つ目は、ヘッドがシャフトの延長線上よりも右側が重いので、左手を右にずらして握りますが、そのずらし方の度合が少ないとウィーク、少し右に回すとスクエア、すごく右に回すとフック(ストロング)グリップなどに分かれる話です。

基本は、オーバーラッピンググリップ(右手の小指を左手の上に乗せて)、スクエアグリップとなりますので、最初はピンとこないかもしれませんが、徐々に慣れていってくださいませ〜

(動画が表示されない場合は、ブラウザを再読込してください)