ゴルフは、野球のバットよりも長い1メートルぐらいあるクラブ(シャフト)を持って、とても打ちにくい(低い)場所にある直径約4センチのボールを、時速100キロ以上のヘッドスピードで打つスポーツです。

野球は3回に1回ヒットを打てれば大打者ですけど、ゴルフは毎回バックスクリーンにホームランを打たなければなりません。野球は左右90度ありますが、ゴルフは、左右約10度の範囲をこえると(ボールが曲がると)林の中に入ってしまいます。

しかも、地面(ライ)はデコボコしてますし、目の前に池があったりしてプレッシャーもかかります。

止まってるボールを打つゴルフなんて簡単に思えますが、ミリ単位の精度と再現性を要求されるスポーツでございます。

なんとなく構えてしまうと、なかなかスイングの再現性が高まりませんので、基本的な事項を確認しながら、正しい構えを体で覚えてください。

 
(動画が表示されない場合は、ブラウザを再読込してください)