GAS(グリップ、エイミング、セットアップ)ができましたら、いよいよクラブでボールを打ちます。

ボールが飛んでいく方向と逆方向にクラブを動かすことを、テークバックとかバックスイングなどと言います。

定義がバラバラなのがゴルフ業界ですけど、テークバックなのかテイクバックなのかw、それは和訳の問題なのでしょうがないとして、テークアウェイとか言われると、じゃっかんいらっときます 笑

テークバックの方法は、体のどこから動かすかとか、色々な考え方がありますが、まず最初に習得していただきたいのは、クラブがいわゆるスイングプレーンから大きくはずれないようにすることです。

プレーンという用語は、おいおい覚えていただければと思いますが、よくない動きの一例としては、飛球線後方からみて、構えたクラブ(シャフト)の線よりも極端に下側や上の方に上げてしまう動きです。

クラブ(物体)をコントロールするためには重心を管理することが大切で、おおむねクラブのライ角に応じた角度で、テークバックをしていただけれればと思います~

(動画が表示されない場合は、ブラウザ(ページ)を再読込してください)