スイングプレーン等の線を引いて、スローモーションで動きを確認していても、なかなか本番(コース)では通用しません。

ゴルフは、バランスが悪い道具(クラブ)を使って、時速100キロ以上のスピードで、地面(ライ)がでこぼこした上で、小さいボールを、(パターを除いた)13種類のクラブを使いわける必要があります。しかも、一発勝負です。

クラブを手なづけることで、本番で通用するスイングをものにすることができるのですが、そのためには、クラブの重心を管理することが大切です。クラブをただの棒きれのように扱っていると、なかなか重心を感じることができません。

初心者さんのうちから、ぜひクラブの重心を意識したテークバックを行なっていただければ幸いでございます。

(動画が表示されない場合は、ブラウザ(ページ)を再読込してください)