腰から腰ぐらいまでの範囲で、インパクト前後の振り幅のことをビジネスゾーンといいます。

テークバックで、クラブが多少前から上がろうが後ろから上がろうが、ビジネスゾーンのスイングの再現性が高ければ、ゴルフで飯を食っていけるぐらいのボールストライキングを実現できるという意味でございます。

切り返しからダウンスイングにおいて、スイングは前倒しか後ろ倒しに分かれ、クラブが水平ぐらいまでおりてきた位置を、ハーフウェイダウン、あるいは、デリバリーポジションと呼びます。

デリバリーポジションから、スインガータイプ、ヒッタータイプにスイングが分かれます。

日本のゴルフレッスンはスインガータイプが一般的で、MAXの飛距離にすぐれておりますが、一方、フェースローテーションが大きく安定性にややかける面があるため、ヒッタータイプのスイングをお勧めしております〜

(動画が表示されない場合は、ブラウザ(ページ)を再読込してください)