デリバリーポジションからインパクトにむけてのクラブの動きを超ざっくりいうと、スインガータイプはグリップエンドを支点にクラブで円を描き、ヒッタータイプはデリバリーにクラブをおいたまま体を回すようなイメージでスイングします。

なるべく手や腕を使わずにクラブを左右に動かすとフェースを管理しやすく、側屈してそれを実現することがミート率の向上につながります。

体の回転(+側屈)が第一エンジンで、デリバリーにおいたままのクラブがあとからボールに向かい(レイトヒット)、クラブの重心を支点にした入れ替え動作を加えてインパクトすることが大切でございます。

(動画が表示されない場合は、ブラウザ(ページ)を再読込してください)