スライスの原因と対策/カップとボウ(背屈と掌屈)

ゴルフで習得が必要なスキルにコックがあります。

手首を親指側に90度ぐらい曲げる動きですが、コッキングとか縦コックとか呼びます。

コックを頑張りすぎてしまうと、左手首が甲側に曲がりすぎてしまいます(背屈、はいくつ、カップ)。

背屈した手首の状態は、フェースの開きにつながります。ダウンスイング以降は、左手首を、手のひら側に曲げていく必要があります(掌屈、しょうくつ、ボウ)。

掌屈は、フェースを閉じる動きにつながります。

左手の掌屈、猫パンチの手首は、スライス対策に必要な技術となりますので、確実にマスターしてください。