スライスの原因と対策/「新」 飛球法則とは

新飛球法則により、ボールの打ち出し方向は、クラブ軌道ではなくて、フェースが向いている方向に飛び出すことがわかりました。

ボールが左右に曲がるさいには、現実にはサイドスピンはかかっておらず、バックスピンをしているなかで、回転軸が左右に傾くことにより(スピン軸の傾き)により、ボールが左右に曲がることが新法則として提示されました。

ボールが右に曲がる理屈:「クラブ軌道に対して、フェースが右を向いている」という点は、旧飛球法則と変わりません

軌道がカット(アウト・イン)になっていればなっているほどスライスしやすく、また、フェースが開いていればいるほどスライスしやすいということであります。