スライスの原因と対策/ガンマトルクとは左手の猫パンチのことである

スイング中のクラブは、前後左右上下 3次元的に(xyz軸に基づいて)動きます。

スライス対策で重要な軸はz軸であり、z軸まわりの回転運動をガンマトルクといいます。

竹とんぼを飛ばすようにシャフトが回ると、フェースが左に回る(フェースが閉じる)動きにつながり、ボールのスライス回転を減らします。

ゴルフスイングに当てはめると、左手首を手のひら側に曲げる動き(掌屈、猫パンチ)が、ガンマトルクの発生につながります。

アルファトルクは、剣道のお面(おめ〜ん)、
ベータトルクは、クルマのハンドルを左右に回すイメージ、
ガンマトルクは、猫パンチ!